「世界ブランド価値ランキング2017」が発表 5年連続で首位に輝いていたAppleが、王者の座をGoogleに受け渡す

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

イギリスのブランドコンサルティング企業Brand Financeが発表しているブランドランキング「Brand Finance Global 500」の最新版が本日公開された。

同ランキングでは直近5年間、Appleがずっと首位に輝いていたのだが、その座を他社に受け渡すことになってしまったようだ。以下、2017年版「Brand Finance Global 500」の内容を詳しくお伝えしよう。

Appleが6年ぶりに2位に下落、王者の座をGoogleに受け渡すことに

「Brand Finance Global 500」は、世界的に活躍する企業のブランド力を金額ベースで換算してランキング化したものだ。

この「Brand Finance Global 500」の2017版によると、Appleはブランド価値を27%ほど下げて6年ぶりに2位に下落。王者の座を同じIT企業のGoogleに受け渡すことになってしまった。

Appleが2位に下落した理由は、主に技術的なイノベーションに欠けていたから。

新型「iPhone」や新型「Apple Watch」など、前モデルに少し手を加えただけの新製品を投入し続け、ファンの目を誤魔化してきたと評されている。結果として、Samsungだけでなく中国の格安スマホメーカーとの戦いでスマートフォン市場で苦戦を強いられているとまで指摘されている。

ただ、昨日発表された決算的には決して業績は悪くはないようだった。特にiPhoneの販売が回復してきていることを考えると、Appleを離れていったユーザーが多いとは到底思えない。2017年に革新的な製品を出すことができれば、ブランド力の回復を図ることもできるかもしれない。

今回の上位10位は、上からGoogle、Apple、Amazon、AT&T、Microsoft、Samsung、Verizon、Walmart、Facebook、ICBCの順。

Googleに関しては、2016年に広告収入が20%増加し、検索エンジン事業で業界首位を独走。今後もさらに広告収入が増える見込みで、将来性がある。その上、「Pixel / Pixel XL」のような魅力的なスマートフォンも発売していることから、ユーザーからも評価が高い。結果、Appleの首位を強奪することに成功したとのこと。

ちなみに、日本企業はトヨタ自動車(12位)、NTTグループ(15位)、三菱グループ(35位)、日産自動車(42位)が選出されている。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

[ via Telegraph ]

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

Android、Android ロゴ、Google、Google ロゴ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。