「世界ブランド価値ランキング2017」が発表 5年連続で首位に輝いていたAppleが、王者の座をGoogleに受け渡す

イギリスのブランドコンサルティング企業Brand Financeが発表しているブランドランキング「Brand Finance Global 500」の最新版が本日公開された。

同ランキングでは直近5年間、Appleがずっと首位に輝いていたのだが、その座を他社に受け渡すことになってしまったようだ。以下、2017年版「Brand Finance Global 500」の内容を詳しくお伝えしよう。

Appleが6年ぶりに2位に下落、王者の座をGoogleに受け渡すことに

「Brand Finance Global 500」は、世界的に活躍する企業のブランド力を金額ベースで換算してランキング化したものだ。

この「Brand Finance Global 500」の2017版によると、Appleはブランド価値を27%ほど下げて6年ぶりに2位に下落。王者の座を同じIT企業のGoogleに受け渡すことになってしまった。

Appleが2位に下落した理由は、主に技術的なイノベーションに欠けていたから。

新型「iPhone」や新型「Apple Watch」など、前モデルに少し手を加えただけの新製品を投入し続け、ファンの目を誤魔化してきたと評されている。結果として、Samsungだけでなく中国の格安スマホメーカーとの戦いでスマートフォン市場で苦戦を強いられているとまで指摘されている。

ただ、昨日発表された決算的には決して業績は悪くはないようだった。特にiPhoneの販売が回復してきていることを考えると、Appleを離れていったユーザーが多いとは到底思えない。2017年に革新的な製品を出すことができれば、ブランド力の回復を図ることもできるかもしれない。

今回の上位10位は、上からGoogle、Apple、Amazon、AT&T、Microsoft、Samsung、Verizon、Walmart、Facebook、ICBCの順。

Googleに関しては、2016年に広告収入が20%増加し、検索エンジン事業で業界首位を独走。今後もさらに広告収入が増える見込みで、将来性がある。その上、「Pixel / Pixel XL」のような魅力的なスマートフォンも発売していることから、ユーザーからも評価が高い。結果、Appleの首位を強奪することに成功したとのこと。

ちなみに、日本企業はトヨタ自動車(12位)、NTTグループ(15位)、三菱グループ(35位)、日産自動車(42位)が選出されている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via Telegraph ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう