【徹底比較】「AirPods」を買うべきか、それとも「BeatsX」を買うべきか、悩める人向けに両製品を徹底的に比較してみた

2016年9月16日に「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を発売した。同シリーズには防水性能の向上やホームボタンの変更など様々な変更が施されたが、ある意味インパクトが大きかったのは3.5mmイヤホンジャックの廃止。

Appleは、このイヤホンジャックの廃止に合わせて「iPhone 7」に「EarPods with Lightning Connector」を付属させたが、その後に純正のワイヤレスイヤホン「AirPods」を発売した。

「AirPods」は完全ワイヤレスなスタイルになったことで、従来のイヤホンの概念を変えた。また、「W1」チップが搭載されたことでiPhoneやiPadなどのデバイスをシームレスに切り替えできるのもとても魅力的だった。だが、「AirPods」はバッテリー持ちがあまり良くないとの指摘もあるように、少しばかり欠点もある。

そのため「AirPods」ではなく、同じく「W1」チップを搭載したワイヤレスイヤホン「BeatsX」の購入を検討しているユーザーも多いようだ。

当記事は、どちらのイヤホンを購入するべきか悩んでいる人向けに、両製品を細かく比較してみた。どちらを買うかは、まず両製品の詳細を確認して見よう。

どちらを購入するかはユーザーの使い方次第 スタイリッシュさで選ぶなら「AirPods」か

AirPods」と「BeatsX」のどちらを買うべきか。まずは、比較表でそれぞれの製品のスペックを比較してみよう。

  AirPods BeatsX
バッテリー持続時間 5時間 (バッテリーケース併用で24時間以上) 8時間
ワイヤレス 完全ワイヤレス 左右のイヤホンが繋がっている
形状 オープン型 カナル型
物理ボタン なし あり
充電方法 充電用ケース Lightningケーブル
Fast Fuel (急速充電) 15分の充電で3時間 5分の充電で2時間
音質 EarPodsよりも若干良い 低音がやや強めで、音質はかなり良い
Siri あり
紛失の可能性 高い 低い
価格 16,800円 (税別) 14,800円 (税別)
カラー ホワイト ホワイト / ブラック
着脱で再生 / 一時停止 あり なし

以上が、「AirPods」と「BeatsX」の比較だ。両製品とも良い点が存在するので、どちらを買うべきかは正直悩みどころ。

もちろん、着けた時の見た目は完全ワイヤレス方式の方がスタイリッシュなので、見た目重視で選ぶなら「BeatsX」よりも「AirPods」がいいかもしれない(うどんが耳から垂れているように見えるという指摘もあったが)。

「AirPods」は、その独特な形状から耳から落ちることを危惧する人が多い。だが、一度着けていただければ分かると思うのだが、どのユーザーの耳にもしっくりくるように設計されており、自然と耳からポロッと落ちることはほぼない。「AirPods」は安心して使える。

とはいえ完全ワイヤレスなので、ちょっとどこかに引っ掛けるだけで地面に落とす可能性もやはり存在する。そんなイヤホンを毎日着け続けるのは無理があると感じる人もいるかもしれない。特に、ジョギングなどのアクティビティで激しく運動する人にとっては尚のこと。

左右のイヤホンが一本のケーブルで繋がっているので、落とす可能性は少ない

どちらの製品も価格が1万円を超えるので、簡単に紛失できるものではないはず。もし、アクシデントで失くす可能性を少しでも減らしたいなら、やはり「BeatsX」を選ぶべきなのかも。

音楽再生操作に関しては「BeatsX」の方が上

見た目以外の違いについて考えてみると、バッテリーの持続時間や物理式操作ボタンのありなしなど、使い勝手に直結する箇所もいくつか存在する。

特に、「AirPods」の場合は曲送りや曲戻しに関しては「Siri」を使うか、iPhone、Apple Watchを操作する以外に方法がない。わざわざ曲送りをするために、「Siri」を使うのは少し面倒なので、多くのユーザーはiPhoneで操作しているだろう。

それに比べて、「BeatsX」はケーブル途中にリモコンが用意されており、通話と音楽のインラインコントロールが可能。曲送りや曲戻し、音量の変更ができる。個人的にはこっちの方が便利に感じる。

だが、「AirPods」にも良い点はある。それは耳から外せば自動で音楽再生が停止するという機能。レジで会計するときなど、とりあえず「AirPods」の片方を耳から外せば、店員の声を聞くことができるので地味に便利。

残念ながら、この機能は「BeatsX」にはない。曲再生を止めるにはイヤホンのリモコンを操作するか、iPhone側での操作が必要になる。

バッテリー持ちに関しては、単体で使う分には圧倒的に「BeatsX」の方が駆動時間が長いが、「AirPods」は付属するケースで充電をすることによって、24時間以上使い続けることができる。

単体で8時間連続で使用できる方がいいのか、それともこまめに充電してトータル24時間以上使用できる方がいいのか。それはユーザーの使い方や好み次第だと言えそうだ。

そのほか、カラーバリエーションの有無も地味にデカイ。

もともとホワイトカラーのイヤホンを購入したかった方にとっては、「AirPods」でも「BeatsX」でも問題ないだろう。だが、「AirPods」にはブラックモデルが存在しない。ブラックのイヤホンの購入を考えている方は自ずと「BeatsX」を買う必要があるだろう。

「AirPods」はオープン型、「BeatsX」はカナル型 好きなタイプを選ぼう

最後に、イヤホンの形状について触れておこう。

どちらも耳の中に直接イヤホンを入れるタイプの製品だが、「AirPods」はオープン型、「BeatsX」はカナル型と若干の違いがある。オープン型は名前の通り開放タイプのイヤホンで密閉性に欠け、外からの音を遮断することができない。

その点、「BeatsX」は「カナル型」と呼ばれる密閉型。外からの音をシャットアウトできるので、音楽に集中することができる。

外で使う時には注意が必要だが、純粋に音楽を楽しみたいのなら「BeatsX」の方が向いているかも。「AirPods」はどちらかというとカジュアル向け、「BeatsX」は音楽ガチ勢に推奨と言えるかもしれない。

そして気になる音質について。僕も「BeatsX」を購入してみたが、音質はかなり良い。どちらかというと低音が強めの印象だが、Beatsブランドの中では珍しくフラットな印象。中音域、高音域もしっかり出ており、バランスのとれた音質であると言えるだろう。さすが、アーティスト向けに製品を開発しているだけはある。

以上の違いをまとめると、AirPods」は完全なワイヤレスを楽しみたい人、特にAppleのスタイリッシュな純正イヤホンを使いたい人向けだ。

そして「BeatsX」はスタイリッシュさよりも実利を取る人向け。紛失する可能性が「AirPods」ほど高くなく、またバッテリー持ちが長いのは非常に重要なファクター。音質も「BeatsX」の方が満足できる可能性が高いと思われる。

「AirPods」と「BeatsX」、どちらも素晴らしいイヤホンでどちらお買うべきかとても悩ましいと思う。イヤホンに対して自分が何を重要視しているのか、購入前にもう一度よく考えてみてはいかがだろうか。

AirPods」はApple公式サイトで16,800円、「BeatsX」は14,800円だ。ちなみに、「AirPods」は今から注文しても到着まで6週間かかるのでその点だけは注意してほしい。

「AirPods」をApple公式サイトで購入する場合はこちらからどうぞ。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。