【注意】「アカウントをロックします」という内容でApple IDやパスワードの入力を促す悪質なフィッシングメールが出回っていることが判明

もしAppleから「アカウントがロックされます」という内容のメールが届いたら要注意!

現在、Appleを騙ってApple IDやパスワードなどの入力を促す悪質なフィッシングメールが出回っており、フィッシング対策協議会が緊急情報を出して注意を呼びかけている。

「アカウントをロックします」という内容でAppleに似たサイトに誘導

フィッシング対策協議会によると、フィッシングメールは「Apple IDをロックします」という件名で、「Apple IDの情報に間違いがあるのでアカウント情報を確認してください、24時間以内に確認しなかった場合はアカウントをロックします」といった内容が書かれているとのこと。

メール内には「マイアカウント確認」などと書かれたリンクがあり、このリンクをクリックするとApple IDやパスワードを入力する偽サイトに遷移するという。この遷移先のサイトのスクリーンショットも公開されているが、Apple公式サイトにかなり似たデザインになっている。

もしこの偽サイトでApple IDとパスワードを入力してしまうと、その情報を使って不正にログインされ、Apple IDに登録してある個人情報やクレジットカード番号などが流出する可能性がある。絶対にApple IDやパスワードを入力しないようにしよう。

ちなみに、現在も調査は継続中とのことなので、似たような内容のフィッシングサイトやメールを発見した場合には、フィッシング対策協議会(info@antiphishing.jp)に連絡するように。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。