Apple、Amazonの「Fire TV」の責任者を引き抜き「Apple TV」のマーケティング担当副社長に任命

他のApple製品に比べるとイマイチ人気がない「Apple TV」だが、今後は販売戦略が大きく変わるかもしれない。

Bloombergによると、AppleはAmazonの「Fire TV」の責任者を引き抜き、「Apple TV」のマーケティング担当副社長に任命したことが判明したと伝えている。

「Fire TV」の元責任者を「Apple TV」のマーケティング担当副社長に任命

Appleが今回引き抜きを行なったのは、Timothy D. Twerdahl氏。 LinkedInのプロフィールによれば、2013年以降にAmazonの「Fire TV」のゼネラルマネージャー及びディレクターを務めていた人物だ。

Appleの広報担当によると、Twerdahl氏は「Apple TV」のマーケティング担当副社長として、すでに今月からAppleに加わっているとのこと。

「Apple TV(第4世代)」が発売されてからしばらく経つが、その売り上げはApple全体の売り上げのたったの5%程度。Appleとしては「Apple TV」を、一番力を入れている「iPhone」までとは言わないが、「Mac」や「iPad」のように大きな売上を生み出す存在にしたいはず。

Twerdahl氏が加わったことにより、「Apple TV」の販売にどんな影響が出るのかは未知数だが、新たな視点から「Apple TV」を見つめ直すことで、より違ったマーケティングが展開されるのではないだろうか。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Apple TV」をチェック
 ・Apple TV 4K
 ・Apple TV HD
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。