Macの「Night Shift」モードは2012年以降のモデルのみで利用可能に(macOS Sierra 10.12.4で対応)

正式版「macOS Sierra 10.12.4」では、すでにiOSでお馴染みの「Night Shift」モードが新機能として搭載されることが明らかになっている。

しかし「Night Shift」モードは全てのMacで利用できるというわけではなく、ある程度新しいモデルのみが使える機能になるようだ。エンジニアのPIKERALPHA氏のブログ「Pike’s Universum」が詳細について伝えている。

「Night Shift」が使えるのは2012年以降のモデルのみ

「Night Shift」モードは「iOS 9.3」で初めて搭載された機能で、ディスプレイの色をオレンジ色に変化させることでブルーライトを軽減し、ユーザーの目の負担を和らげるというものだ。

Pike’s Universumによると、同機能はOS内の「CoreBrightness.framework」によって制御されるため、以下の機種ID以降の端末のみで利用できるとのこと。

  • MacBookPro9,x(Mid 2012以降)
  • iMac13,x(Late 2012以降)
  • Macmini6,x(Late 2012以降)
  • MacBookAir5,x(Mid 2012以降)
  • MacPro6,x(Late 2013以降)
  • MacBook8,x(Early 2015以降)

端末によって少し差はあるが、大体は2012年以降のMacのみで使用可能となっているようだ。2012年以前のMacを使っている場合は、残念ながら「Night Shift」は使えないということに。

もし自分のMacがいつのモデルか分からないという場合は、メニューバー左上にあるリンゴマークから「このMacについて」→「システムレポート」をクリックして機種IDを確認してみよう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう