「スポナビライブ」がフルHDに対応 月額料金もドコモに対抗し1,480円に値下げ

本日、NTTドコモは英パフォームグループとの提携を発表しており、「DAZN for docomo」の提供開始を発表した。

同サービスは、多数のスポーツ中継を月額980円で視聴できるというもので、ソフトバンクの「スポナビライブ」に対抗するためのものだったが、これに対しソフトバンクは「スポナビライブ」の値下げに踏み切った。

ソフトバンクユーザーはフルHD画質版を980円で楽しめる

ソフトバンクの発表によると、現在提供している「スポナビライブ」の月額利用料は3,000円から1,480円に値下げされ、同時にフルHD画質での配信に対応するとのこと。

同変更は3月16日に実施され、HD画質から大きく画質が向上。今後はより綺麗な画質で、お得にスポーツライブを視聴することができるようになるという。そして、ソフトバンクユーザーもしくはワイモバイルユーザー、Yahoo!プレミアム会員であれば、月額980円の割引価格で同サービスが利用できるようになるとのこと。

ただし注意して欲しいのは、同サービスを現在500円で利用しているソフトバンクユーザーに関しては、今後も500円で継続的に利用することは可能だが、フルHD画質で楽しむ場合は月額980円を払う必要があるということ。

もし、HD画質で問題ないという人は、そのままHD版を継続利用しよう。ちなみに、HD版「スポナビライブ」の新規受付は3月15日に終了するとのことなので、なるべく安くスポナビライブを視聴したい方は同日までに契約することをオススメする。

ソフトバンクは、3月16日の「スポナビライブ」の仕様変更で、「Amazon Fire TV」「Android TV」へ対応(HD版と同様に「Apple TV」や「Google Cast」でも視聴可能)させることを発表しており、最大4つのデバイスで利用可能になることも併せて公表している。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。