「iPhone 8」には、ワイヤレス充電の他にも「虹彩スキャン技術」が搭載か

昨日、KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏のレポートで、次期iPhoneには全てのモデルで「ワイヤレス充電」技術が搭載されることが予想されていることをお伝えしたが、同端末にはワイヤレス充電の他にもさらなる新機能が搭載される可能性があることがわかった。

Digitimesは、次期iPhoneの中でもプレミアムモデルと呼ばれる「iPhone 8」には、「虹彩スキャン」という生体認証技術が搭載される予定であると伝えている。

「虹彩スキャン」機能の搭載で、目でiPhoneのロックを解除??

Digitimesによると、Appleは2017年に発売する新型iPhoneに搭載する各部品を、2017年第1四半期の後半から各社から供給される予定。この部品の中に、「虹彩スキャン」用のパーツも含まれる見込みで、同機能が新型「iPhone」に搭載される予定のようだ。

虹彩スキャンについてはあまり情報量は多くないのだが、おそらくiPhoneのロック解除や、Apple Pay利用時などに利用される新しい生体認証機能になるのだろう。

現在、その役割は「Touch ID」が行なっているが、ホームボタンの廃止を検討しているAppleが「Touch ID」の代わりとなる生体認証機能を搭載しようとしていても不思議ではない。ちなみに、Digitimesは2016年7月にも「網膜認証」機能の搭載を予想していたが、その予想は今も生きているようだ。

「iPhone」の部品供給については、例年よりも早い時期から開始される見込みだが、これは先日の報道でもあったようにAppleが例年よりも余裕を持ってiPhoneの製造を行うためとみられている。発売時期が早まることはないようだが、サプライヤーは各パーツの製造を急ぐ必要がありそうだ。

現段階では、「虹彩スキャン」機能が搭載されるかどうかは不明。そもそも搭載されるのは今年なのか、それとも来年以降なのか、それすらも分からない。

だが、昨日KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏も予想していたように、Appleが新しい生体認証機能を検討している可能性は非常に高い。ちなみに、Kuo氏は顔認識と指紋認証の2段階での認証を予想しているが、果たして。

次期iPhoneは、「iPhone 8」の他にも、従来モデルのアップグレードモデルの「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」が発売するものと予想されている。「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」にはワイヤレス充電が搭載される予定とされているが、この虹彩スキャンに関しては搭載されないということなのだろうか。

新機能について注目が集まるのはもちろんだが、これらの端末の性能差についても注目が集まっている。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう