【徹底レビュー】「BeatsX」はナチュラルサウンドが特徴のワイヤレスイヤホン 「W1」チップ搭載でApple製品とスムーズなペアリングができるスマートデバイス

2月10日、Appleは突然のようにBeatsブランドの新型ワイヤレスイヤホン「BeatsX」を発売した。事前の発表では2月11日に発売と言われていたので、まさに寝耳に水。販売を開始したと聞いたときはビックリした。

「BeatsX」の発売当日、僕は「MacBook Pro 2016」に問題が起きて、Genius Barである手続きを行なっていた。それについては後日、改めて紹介しようと思うのだが、Genius Barから帰ってくると1Fの販売エリアで「BeatsXが発売しましたー!」という元気な声が。

思わず足を止めてそちらをみると、たまたま目が合ったスタッフのお兄さんが「おひとついかがですか?」と「BeatsX」が入った箱をスッと差し出してくるではないか。正直買おうかどうか悩んでいたので初めは戸惑ったが、いざ目の前に出されると、人間は欲には勝てないんですね。

速攻、買いました。躊躇なく。ホント便利ですね、Apple Payは。

そのあと、家に帰ってきて「BeatsX」を一晩使ってみたところ、「AirPods」ほどクールなイヤホンではないものの、性能は予想以上だったことが判明した。

中には「BeatsX」の性能や使用感について気になっている人も多いと思うので、僕としては同レビュー記事でそれらを少しでも詳しく伝えたい。そして、購入を迷っている人にはぜひ参考にしていただければと思う。

前置きが少し長くなったが、早速「BeatsX」の同梱物などを確認していこう。

購入したのは人気のホワイトモデル 普段はシリコンケースで持ち運び

今回、僕が購入したのは「BeatsX」のホワイトモデル。最初は「iPhone 7 Plus」のジェットブラックモデルに合わせて、ブラックカラーモデルも良いなと考えていたのだが、やはり「Appleのイヤホンといえば白」という気持ちが勝り、今回はホワイトモデルをチョイス。

汚れが目立つかもしれないがそんなのお構いなし。ちなみに、Apple銀座のお兄さんもホワイトモデルを薦めてくれた。在庫もホワイトが少なかったとのことだったので、とてもありがたいアドバイスだった!

その後、Apple公式サイトでもホワイトモデルの初回出荷分が真っ先になくなった。販売が開始されてから1時間と持たなかったらしい。

ちなみに、「BeatsX」のカラーラインナップは「ホワイト」「ブラック」の他にも「ブルー」や「グレイ」が用意されている。「ブルー」や「グレイ」もすでに注文することは可能だが、到着は最短でも2月22日になるのだとか。

「BeatsX」のパッケージは非常にシンプル。外からは中の商品が透けて見えて、どんな色合いなのか、形状がどうなっているのかを確認することができる。

パッケージを開けるときは底面から。底面のシールをピリピリと剥がして開封。

中にはイヤホン本体の他に、取扱説明書やBeatsのロゴシール、イヤホンを持ち運びするためのシリコンケースや充電用のLightningケーブル、そして交換用のイヤーピースが3種類(左右それぞれ2つずつで合計6個、全て大きさが異なる)と、耳の中にしっかり固定するための「羽型イヤーチップ」が同梱されていた。

この羽型イヤーチップはイヤホンのハウジング部分に装着し使用する。装着する際は一度イヤーピースを外す必要があるので、使いたい人は「BeatsX」を使い始める前にはセッティングしておこう。

こちらがイヤホン本体。とても綺麗な白色で、すぐに汚してしまいそう。ケーブルはきしめんタイプ(Flex-Formケーブルと呼ぶらしい)なので、人によっては好みが分かれるかもしれない。僕もあまり好きではないが、実際の使い勝手にはさほど問題がなかったので、とりあえずは良しとしよう。

「BeatsX」は、いわゆるカナル型(密閉型とも)と呼ばれるイヤホンタイプ。耳の中の隙間を埋めるようにピッタリとはまる設計で、外からの音をシャットアウトし、純粋な音楽を楽しむことができる。

ケーブルの途中には、音楽コントロールや電話応答ができる「RemoteTalk」リモコンと、Lightning充電ポートや電源ボタンが搭載したバッテリーが搭載。とてもシンプルな構造だ。

リモコンで音楽の再生や停止、曲送りや曲戻しができるのは地味に便利。こればかりは「AirPods」にもない機能。ボリュームの上げ下げもできます。

ちなみに、耳に装着していない時はマグネットで左右のハウジングを一体化することができる。

これにより、イヤホンがネックレスのようなリング状になるので、首から下げている時にイヤホンの落下を防ぐことができるだろう。また、使っていない時にハウジングを一体化させた状態にしておくことで、イヤホンを絡ませずに保管できるというメリットもある。

「BeatsX」の重量はたったの21gと、とても軽い。ランニングなどのアクティビティで使っても全く邪魔にはならなさそうだ。今度、このイヤホンを使って走りに行ってみようかな。

持ち運びする際は、同梱されているシリコンケースを使うと良いだろう。シリコンケースの中に「BeatsX」をしまうには少しコツがいるのだが、慣れると結構簡単だ。

カバンなどにしまうときに重宝するので、普段からしまう癖をつけておくと良いかもしれない。

「BeatsX」はダイナミック型だが、音質は割とフラットでクセもなく良い感じ

「BeatsX」の着け心地は、まさに僕にジャストフィット。首を曲げたり、頭をブンブン揺すっても耳から落ちることはほとんどない。少しケーブルが長いので、背中に引っかかって耳から外れそうになることもあるにはあるが、それはどのイヤホンでも起こることなので、僕はそこまで気にはしていない。

もし、耳から外れることを一切許容できない方は、羽型のイヤーチップを装着することで軽減できると思うので、ぜひ活用してほしいところだ。

次は気になる音質についてだが、結論から言わせてもらおう。「BeatsX」の音質はかなり良い。

実際の音を聞いてビックリしたのだが、同イヤホンの音質は想像していたよりもフラット。Beatsのイヤホンやヘッドホンは低音域が強いイメージだったので正直、少し意外だった。

だが、その代わりに「BeatsX」の出す音はとてもクリアで繊細。ダイナミックさには少し欠けるかもしれないが音の再現性は忠実で、イヤホンとして非常に優秀だった。

個人的には多少クセのあった音の方が好きだったりもするのだが、普段から聞くジャンルはロックだったりポップスだったりするので、むしろ相性は抜群だったかもしれない。

「BeatsX」がかなりの優等生ぶりを発揮してくれたので、僕としては大大大満足。もちろん、元からBeatsやBoseなどの低音強めのサウンドに慣れてしまっている人にとってはパンチが足りないと感じてもおかしくはないと思うが、裏を返せば変なクセもないため、多くの人は不満なく使えるのではないだろうか。

ちなみに、「BeatsX」のイヤーピースはカナル型なので、外への音漏れはほぼなし。外からの音も入ってこないので、周りが騒がしい環境でも問題なく使えます。

「W1」チップのおかげでApple製品との相性は抜群

同レビューを見に来た方なら、おそらくご存知だとは思うが、「BeatsX」は「AirPods」にも採用された「W1」と呼ばれる新型チップが搭載されている。

この「W1」チップがあれば、Appleの製品と瞬時にペアリングすることが可能になる。

具体的には「BeatsX」の電源を入れると、すぐに近くのiOS端末とペアリングを開始しようとする。一度ペアリングが完了すると、同じApple IDで紐づけられた製品であれば再度ペアリングをする必要がなく、シームレスに接続する端末を切り替えることができるようになる。

例えば外出中はiPhoneと接続し、家に帰って来たらiMacと接続…といった感じ。従来のワイヤレスイヤホンでは、わざわざペアリングを解除し、再ペアリングしなくてはいけなかったのが「W1」チップのおかげでストレスフリーに。

とりあえず音楽が聴きたくなったら、「BeatsX」の電源を入れるだけでペアリングが完了するなんて便利すぎる。使ったことがない人はそこまで便利に感じないかもしれないが、一度手にすると手放せなくなります。間違いなく。

現状、「W1」チップが搭載されている製品は「BeatsX」と「AirPods」、そして「Beats Solo3 Wireless」「Powerbeats3 Wirelessイヤフォン」の4つのみ。もしApple製品を多く持っているようだったら、この中のどれかを購入することを強くオススメしたい。

「Siri」の呼び出しが可能 曲の操作も可能

「BeatsX」の魅力は、「W1」チップによるApple製品との連携であることは間違いないが、もう一つ便利な機能がある。それは「Siri」を使うことができるという点だ。

Apple製品であればどのデバイスにも搭載されている「Siri」が、「BeatsX」から起動することができる。もちろん、Macとペアリングしている時でもだ。

「Siri」を使いたい時は、「RemoteTalk」リモコンの真ん中のボタンを長押し。そうすると「Siri」が起動するので、あとは伝えたいことを「BeatsX」のマイクを通じて話すだけ。

「BeatsX」は、「AirPods」で搭載されているビームフォーミングマイクが利用できないので、聞き取りに難ありかと思っていたが、そこまで不便さを感じる機会も少ない。試しに「BeatsX」を使って電話をかけてみたが、相手には「EarPods」よりもハッキリと聞こえたので内蔵マイクの品質はそれなりに高いと言えそうだ。

さすがに周りに人がいる時などに「Siri」を使うのは気がひけるかもしれないが、人のいない場所や自分の家で使う分には問題ないだろう。ちなみに、僕は人混みの中で使うのも気後れしないタイプなので、次の日の天気やサッカー中継の時間を電車の待ち時間に調べさせることが多い。

番外編:「BeatsX」と「AirPods」との違い

ここからは、同じ「W1」チップを搭載した「AirPods」との違いについて少しだけ触れておこう。

紛失リスクが高いか低いか

「BeatsX」と「AirPods」との最大の違いは、左右のイヤホンが独立しているか、そうでないか。これは結構大きな違いなはずだ。

「AirPods」はうどんが耳から出てるみたいだとネタにされたりもしたが、それなりにスタイリッシュな製品だと個人的には思っている。ただし、左右が独立しているため紛失するリスクがかなり大きい。

「AirPods」は耳から落ちづらい構造になっているのがせめてもの救いだが、中には購入後にすぐ失くしてしまったという人もいる(僕の友人)ので、物をすぐに失くす癖のある人にはあまりオススメできない。

その点、「BeatsX」はケーブルで繋がっているため、なくす危険性はかなり少ない。どちらのイヤホンも1万円以上する高価な製品なので、どちらを買うべきなのかは真剣に検討した方がいいだろう。

バッテリー持ちは「BeatsX」の方が優秀

また、「BeatsX」の優れた点の一つとして、バッテリー持ちが挙げられる。「AirPods」は充電なしで使える時間は5時間前後と短めだが、「BeatsX」は最大8時間利用できるバッテリーを搭載する。

8時間も持てば、少なくとも日中は使い続けることができるだろう。急速充電機能のFast Fuel機能により、5分のクイック充電で最大2時間も使うことができるのも魅力的。45分充電すればバッテリーを最大まで充電することが可能だ。

「AirPods」に関しても、バッテリーケースを併用することで最大24時間の連続使用が可能だが、「AirPods」のように、こまめに充電するのが面倒な人は「BeatsX」の方が向いているかもしれない。

ちなみに、バッテリー残量は接続しているデバイスから確認することができるので、再充電が必要かどうかはすぐに確認することができる。iOS端末は「通知センター」のウィジェットから、Macの場合はBluetoothメニューからどうぞ。

音質も「BeatsX」の方が優秀 密閉式なので音楽をしっかりとユーザーに届けてくれる

そして、イヤホンとして重要なのが音質。これについては先述した通り、「BeatsX」はカナル型を採用しているため、外からの音を遮断し、音楽をじっくりと楽しむことができる。

これに対して「AirPods」はいわゆるオープン型(開放型)と呼ばれるタイプのイヤホン。音楽をじっくりと楽しむというよりは、むしろ音楽を聞き流すタイプのイヤホンなので、音質を重視している方にとっては「AirPods」よりも「BeatsX」の方が向いていると言えるだろう。

他にも、「BeatsX」と「AirPods」に関しては何点か違いも存在する。これらの違いについてはこちらの記事でまとめてあるので、どちらを購入するべきか悩んでいる人は是非とも以下の記事をご覧いただきたい。

以上が、「BeatsX」の使用感や他の製品との比較。これからさらに使い込んでいくことで新たな発見もありそうだが、概ねこんな感じだろう。

「BeatsX」にも欠点は存在する。例えば、少しだけケーブルが長めであるため、首を90度くらいブンブンブンブン振り回すと、背中などに引っかかり耳からポロリと落ちそうになったり、防汗・防沫仕様ではないので、汗をかきまくるような本格的なスポーツで使うには少しばかり不安もあるという点。

これらを気にするユーザーは、もしかしたら「BeatsX」よりも「AirPods」や「Powerbeats3 Wireless」の方がオススメかもしれない。

ただ、音質も予想以上にしっかりしていたので、音楽をじっくりと聴きたい僕としては、「BeatsX」が主力イヤホンの一つになることは間違いないだろう。

電源を入れたら、iPhoneと即接続。こんな便利なイヤホンがある今、わざわざ他のイヤホンを使うだろうか。正直のところ、あまり想像できない。

今日も一日中外に出かける用事があるが、今日の相棒は「BeatsX」に決まり。普段の外出が、今後はもっと楽しくなりそうだ。

ちなみに、「BeatsX」を購入すると「Apple Music」の無料利用権がついてくる。パッケージの中に入っているコードを入力することで、「Apple Music」の全コンテンツを3ヶ月無料で利用できるので、もしこれから「Apple Music」を利用することを考えている人や、すでに利用している人にとってはお得であること間違いなし。

「Apple Music」は月額980円なので、3ヶ月分で約3,000円程度お得に。さらに、まだ一度も「Apple Music」を利用したことがない人は3ヶ月の無料体験も併せて利用できるので、最大6ヶ月間は無料で「Apple Music」が利用できることになる。

「Apple Music」のコンテンツは、サービス開始時よりも充実してきているので、まだ利用したことがない人は「BeatsX」を購入して、「Apple Music」をぜひ楽しんでみてほしい!

Apple公式サイトで「BeatsX」をチェック!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう