iOS/Android版「Googleマップ」アプリ、次期アップデートで行きたいところをリスト化、シェアできるように

旅行やショッピングに出かける時、Googleマップを使って場所やルートを調べることが多いのではないだろうか。僕も地図アプリといえば「Googleマップ」アプリで、これから行く場所をブックマークしていることがよくある。

ただ、これらのブックマークは全て一箇所に保存されるので、今日訪れたい場所のみを表示するのは難しく、その使い勝手は決して便利とは言えなかった。

だが、それはアップデートで追加される新機能で解決するようだ。Googleは先ほど、訪問したい場所の「リスト」の作成機能の追加と、友人や家族へのシェア機能の追加を公式ブログ内で発表している。

Googleマップアプリ内で、訪れたい場所のリストを作成可能に

Googleは、「Googleマップ」アプリに訪問したい場所のリスト作成機能を追加することを発表しており、アプリのアップデートでこれらの機能が利用できるようになることが明らかになった。

同機能を利用するには、以下のビデオを参考にしてほしい。

一応、言葉で説明しておくとまずは行きたい場所を検索もしくは選択し、その場所をお気に入りとして「保存する(Save)」をタップ。そうすると、どのリストに追加するかアプリに聞かれるので、保存したいリストを選択する。

このリストは、自分自身で作成することができるので、例えば「沖縄旅行」というリストを作成して「首里城」や「美ら海水族館」などを入れておけば、沖縄旅行中にいつでも道案内をさせることができるようになる。

また、リストは友人や家族など、他のユーザーに対して誰にでもシェアすることが可能になる。この「沖縄旅行」リストを一緒に旅行する友人と共有することもできるように。旅行など行く場所が多い時にとても便利。

同機能が利用できるのは、iOS版とAndroid版の両方。今後のアップデートで追加されるとのことなので、楽しみにしておこう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。