ポケモンGO、バレンタインイベントの延長を発表 ルアーモジュールが6時間継続する効果が2月19日午前9時まで持続

2月9日早朝から開催されていた「ポケモンGO」のバレンタインイベントの延長が発表された。

「ポケモンGO」の開発元であるNianticは、バレンタインイベントで実施されていたルアーモジュールの効果時間が30分から6時間になるという効果が、バレンタインイベントの終了後も利用できることを発表している。

延長されるのはルアーモジュールの効果時間のみ

Nianticの発表によると、同効果が利用できるのは2月19日(日)午前9時まで。

残念ながら獲得できるアメの数が2倍になるという効果や、ピンク色のポケモンが出現しやすくなるといった効果については本日で終了した模様だが、ルアーモジュールの効果が普段の12倍になるというものに関してはあと5日間だけ利用できるようだ。

今回のバレンタインイベントに関しては、久しぶりのイベントだったことから参加したユーザーもいるかもしれないが、最近は多くのユーザーが同ゲームを離れている印象。

昨日は、対人バトル(PvP)機能やトレード機能の実装が間近に迫っているという情報が公開されていたが、新機能の導入でユーザーを引き戻すことができるだろうか。第2世代のポケモンの実装も含めて、今後の「ポケモンGO」には注目だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう