「iPhone 8」には「ファンクションエリア」と呼ばれる0.65インチの新領域が用意?ホームボタンが廃止され全体のディスプレイサイズは5.8インチか:KGI証券

先日、Apple関連の情報に精通しているKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏が、2017年に発売する新型iPhoneの「iPhone 8」は端末サイズが4.7インチになると予想していることをお伝えしたが、この情報に対して補足的な説明がなされていることが判明した。

この新たなレポートでは、「iPhone 8」は4.7インチモデル(例えば「iPhone 7」)と同じ大きさになる予定だが、ホームボタンが廃止され、その分だけディスプレイが巨大化したモデルになると書かれている。

しかも、「ファンクションエリア」と呼ばれる新しい領域も作られるのだとか。以下、詳細をお伝えする。

ホームボタンが廃止され、その場所に「ファンクションエリア」と呼ばれる新しい領域が登場

まず、次期iPhoneのラインナップについておさらいしておこう。

2017年に発売するiPhoneは3モデルと言われていて、従来モデルから大きな変更を伴わない「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」の他に、10周年を記念したプレミアムモデル「iPhone 8」が登場するという説が現状では濃厚。

今回、Ming-Chi Kuo氏が述べているのは、この「iPhone 8」について。先日の同氏のレポートによると、「iPhone 8」の端末サイズは4.7インチと、「iPhone 7」もしくは「iPhone 7s」とほぼ同じ大きさとなる予定。

だが、プレミアムモデルは他の2機種とは大きく異なる。それはホームボタンが廃止され、iPhoneの前面が全てディスプレイ化するというもの。

このディスプレイは有機ELディスプレイとなる予定で、サイズは5.8インチ。iPhoneのほぼ全面がディスプレイになる予定で、いわゆる「ベゼルレス(Edge-to-Edge)」と呼ばれるデザインになるとのこと。

そしてKuo氏によると、「iPhone 8」の画面下部には「ファンクションエリア」と呼ばれる領域が用意されるとのこと。

この「ファンクションエリア」が具体的にどのように使われるのかは不明だが、現在のホームボタンを置き換える存在になるものになりそうだ。イメージとしてはAndroid端末でよく見るオンスクリーンキーなどがのようなものだろうか。

ちなみに、「このファンクションエリア」のサイズは0.65インチ。つまり、ディスプレイ全体は5.8インチだが、このファンクションエリアを差し引いた5.15インチ分が有効エリアとして使えることになるのだとか。

気になるのは、ホームボタン(つまりTouch ID)がファンクションエリアに置き換わることで、指紋などの生体認証機能がどうなるのか。

先日の情報では、指紋認証機能はディスプレイ内に埋め込まれるという話も出ていたが、これについてはKuo氏も詳細は語っておらず。現時点では何も分からない。

ちなみに、指紋認証とは別に顔認識や虹彩認識の技術が新たに搭載するという情報もあったが、現状の技術では不完全なため、指紋認証と上記の技術を併用した2段階式の認証になるとも言われている。

「iPhone 8」については様々な情報が錯綜しているが、これらの情報の中で有力だったのは、ディスプレイサイズが5.8インチもしくは5.2インチであるというもの。

これらの情報に関して各メディアは「相反する情報」と伝えてきたが、今回のKuo氏のレポートでは、この両方が実は同じ情報であった可能性が浮上してきた。となると、現状の最有力な噂は「5.8インチディスプレイを搭載した全面ディスプレイモデルが登場する」ということに。

今回の情報が本当であれば、2017年発売の新型モデルは4.7インチモデルと5.5インチ、そして端末サイズは小型だがディスプレイが大きい5.8インチモデルの3モデルのラインナップになるだろう。

まだ新型iPhoneの発表まで半年近くあるが、Appleはすでに製造に着手しようとしている。時期的に新型モデルについて情報が出てきてもおかしくないだけに、今回の情報はかなり信憑性が高いと考えていいのかもしれない。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう