ビックカメラ、「Macアップグレードプログラム」を2月17日から開始

Macを定期的に買い替えるユーザーは、今後はビックカメラで購入してみてはどうだろうか。

ビックカメラは本日、定期的にMacを買い替えるユーザー向けに「Macアップグレードプログラム」の提供を行う予定であることを発表している。

「Macアップグレードプログラム」は初期費用や月々の支払いを抑えることが可能

ビックカメラの発表によると「Macアップグレードプログラム」は、Mac購入時の価格から2年のローン終了時の推定買取額(製品価格の35%)をあらかじめ差し引いた金額を分割払いできる購入方法で、初期費用や月々の支払い料金を抑えたシステムであるとのこと。

実際の支払いイメージは以下のようになるようだ。支払い回数は24回払い+据え置き払い1回分。据え置き価格は商品の価格の約35%が目安になる。

[ img via ASCII ]

ちなみに、2年後に必ず買い替える必要はなく、もし2年後に欲しいMacが出なかった場合は、残価を払うことでMacを完全に買取り、その後も引き続き使い続けることもできる。

また、購入してから2年後にビックカメラもしくはソフマップでMacを下取りに出すと、10%増額して買い取ってもらうことができるとのこと。定期的に新型Macを購入するにはピッタリのプランだ。

Macアップグレードプログラム」には、「Apple Care Protection Plan」の他に、ビックカメラの「安心サポート for Mac」もセットされる。対象はビックカメラ、コジマ、ソフマップのポイント会員限定。

同プログラムは明日17日から実施される予定。もしこれからMacの購入を検討している人は、このアップグレードプログラムを検討してみてもいいかもしれない。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via ASCII.jp ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう