Apple、「WWDC 2017」の開催日程を発表 日程は2017年6月5日~6月9日の5日間

本日、Appleは「Worldwide Developers Conference (WWDC) 2017」の開催日程を正式に発表。今年のWWDCは、例年通り6月に開催され、日程は同月5日~9日(現地時間)になることが明らかになった。

今年のWWDCの開催場所は米カリフォルニア州San Joseにある「McEnery Convention Center」。Appleの新本社の近くだ。

参加チケットの申し込みについては現地時間3月27日の午前10時から受付が開始される。毎年多数の応募があることから今年も抽選制になる予定で、チケットの価格は通常1.599ドルになるとのこと。

「WWDC 2017」では、例年通りであれば次期iOSやmacOS Sierra、watchOS等が発表される予定で、内容としては主にデベロッパー向けのものになる予定。ちなみに昨年の「WWDC 2016」では、「iOS 10」や「macOS Sierra 10.12」、「watch OS 3」などの最新OSが各種発表された。

同イベントは、iPhone、iPadまたはApple TVの「WWDC」アプリ、もしくはApple Developerのサイトからライブストリーミング配信を視聴することが可能だ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。