「MacBook Pro 2016」専用最強USB-Cドック「HyperDrive Compact Thunderbolt 3 USB-C Hub」の予約受付が開始

先日、USB-AポートやHDMIポートが搭載された「MacBook Pro」用USB-Cドック「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CM2」を紹介した。

同製品のメーカーである「TUNEWEAR」は、以前にも「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB1」というUSB-Cドックを発表しており、こちらはHDMIポートがない代わりにSD / MicroSDカードスロットが搭載された製品になる。

では、HDMIポートとSD / MicroSDカードスロットの両方を使いたいというユーザーはどちらの製品を買えば良いのだろうか。答えは「どちらでもない」だ。

USB-Aポートに加えて、HDMIポートとSD / MicroSDカードスロットが搭載された、まさに「MacBook Pro 2016」用のUSB-Cドックとしては最も優秀な製品が発表されているのでご紹介しよう!

あらゆるポートが搭載され、最大100Wでの電力供給をサポート

今回紹介するUSB-Cドックの名前は「HyperDrive Compact Thunderbolt 3 USB-C Hub」。同製品は先ほどもご紹介した通り、USB-AポートとHDMIポート、そしてSD / MicroSDカードスロットまで拡張できてしまう「MacBook Pro 2016」専用のUSB-Cドックだ。

同製品を「MacBook Pro 2016」の側面にあるUSB-Cポート2つに接続することで、HDMIポートを1つ、USB-A(3.1対応)を2つ、SD / MicroSDカードスロット、USB-Cポートを2つ(1ポートはThunderbolt 3に対応)を拡張することができる。

このドックに搭載されているUSB-Cポートは、最大100Wでの電力供給をサポート。全部のポートに機器を接続していても、13インチモデルなら61W、15インチモデルなら87Wのフルスピードでの充電が可能だ。

また、「Thunderbolt 3」に対応しているUSB-CポートとHDMIポートには同時に画面を出力することができるので、「LG 5K UltraFine Display」と4Kディスプレイに同時に画面を出力するという荒技が実現可能というのも驚きだ。

しかも、こんなに高機能なのに超省エネ設計と至れり尽くせり。現時点ではこれ以上の性能のUSB-Cドックは存在しないだろう。

「HyperDrive Compact Thunderbolt 3 USB-C Hub」は「MacBook Pro 2016」のカラーに合わせて「シルバー」と「スペースグレイ」の2種類が用意されており、先行予約価格はどちらも11,000円

USB-Cドックとしての価格は少し高めだが、値段に見合った高機能ぶりだと言えるだろう。発売は4月3日となっているので、「MacBook Pro 2016」の最強USB-Cドックを求めていた人はぜひ予約しておこう!

予約はこちらのページからどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう