Apple、Broadcomと提携して独自のワイヤレス充電機能の開発に着手か

次期iPhoneにはワイヤレス充電機能が搭載される可能性が濃厚になっているが、将来的には独自の機能を備えたワイヤレス充電機能が登場するかもしれない。

CNBCによると、JPMorganのアナリストであるHarlan Sur氏が、将来のiPhoneにはBroadcomによってカスタマイズされたワイヤレス充電システムが搭載される可能性が高いと話しているという。

将来のiPhoneには独自の仕様にカスタマイズされたワイヤレス充電機能が搭載?

Sur氏が言うには、AppleとBroadcomは約2年の間、ワイヤレス充電システムを開発する上で協力関係にあり、独自の仕様にカスタマイズされたワイヤレス充電機能が将来のiPhoneに搭載される可能性が高いとのこと。

ただ、先日のSamsungの「Galaxy Note 7」のバッテリーリコールの一件があったために、2017年に発売される次期iPhoneにワイヤレス充電が搭載されるかどうかは不明のようだ。バッテリー周りの安全性に関しては、業界的に多少慎重になっている部分があるのだろう。

Sur氏はこのほかにも、iPhoneの筐体をガラス製にすることでワイヤレス充電の際に信号干渉を低減できるということや、急速充電や拡張充電などの独自の機能を追加することでよりiPhoneの価値を高めることができると述べている。

We believe the glass back cover is conducive to wireless charging as it reduces signal interference versus a metal casing,” Sur wrote. “It is possible for Apple to add proprietary features such as fast charging or extended charging to differentiate itself from the pack and enhance the value of its own hardware ecosystem.

先日、Appleはワイヤレス充電技術の国際標準規格を策定する「WPC」のメンバーになったことが判明し、次期iPhoneには「Qi」規格に対応したワイヤレス充電機能が搭載されるのではないかと噂されている。

しかし、今回の情報により、僕らが想像しているよりもAppleのワイヤレス充電機能の開発は進んでいるのかもしれない。独自の機能というのが気になるところだが、現在のワイヤレス充電をはるかに凌駕する驚きの機能が搭載されることを期待しておこう。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう