Apple、2月20日時点までのiOSのバージョン別の普及率を公開 「iOS 10」のシェアは79%に

本日、Appleデベロッパー向けサイトのApp Storeのサポートページで、iOSのバージョン別の普及率を公開している。

公開された情報によると、2017年2月20日時点までの「iOS 10」の普及率は76%で、「iOS 9」が16%、その他が5%となっているようだ。

「iOS 10」の普及率は前回の計測(2017年1月4日)時点で76%だったため、今回はほんの3%の上昇にとどまった。とはいえ、iOS端末を利用している8割近くのユーザーがすでに「iOS 10」に移行したことになるので、スマートフォンのOSの普及ペースとしてはなかなかの早さなのではないだろうか。

ちなみに、iOSの普及率に関しては、「iOS 10」のリリース以降定期的に発表されており、計測方法は「App Storeを訪れたユーザーのバージョンを調べる」という方法を用いているとのこと。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。