「iPhone」のバッテリー交換が必要な場合、「バッテリーの交換が必要です」というメッセージが「設定」アプリ内に表示されるように

先ほど、TechCrunchは「iPhone 6 / 6s」が予期せずシャットダウンする不具合を「iOS 10.2.1」で80%解消することができたとAppleがコメントしたことを伝えていたが、同時に「iOS 10.2.1」の新機能について明らかにしているので紹介しよう。

TechCrunchによると、「iOS 10.2.1」にはバッテリーの状況を診断する機能が導入されており、ある時点でバッテリーの疲労が著しくなり交換が必要になった際、「iOS 10.2.1」 の設定アプリ内に「バッテリーの交換が必要です」というメッセージが表示されるようになるとのこと。

iphone-6-battery

Macでも同様の機能がすでに導入されているが、Appleが必要と判断した場合のみにiOS端末でも表示されることになるという。同メッセージは今後数日のうちに表示される予定。表示はバッテリー情報の項目に表示されるようになるようだ。

バッテリー交換が必要と判断される基準については明らかにされていないが、Appleはバッテリーの最大充電回数や寿命についてすでにアナウンスを行なっているので、これに則った形で診断することが考えられる。

ちなみにiPhoneであれば、フル充電サイクルを500回繰り返した時に、本来の容量の最大80パーセントを維持できるように設計されているとのこと。iPadの場合はフル充電サイクルを1,000回繰り返した時に、本来の容量の最大80パーセントを維持できるように設計されている。

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。