東海道・山陽新幹線をスマホで予約し、SuicaなどのICカードで乗車できる新サービスが9月末から導入へ

suica

先ほど、JR東海が「エクスプレス予約」の公式スマホアプリ「EX予約」をリリースしたことをお伝えしたが、「エクスプレス予約」の会員以外のユーザーがチケットレスで乗車できるサービスも新たに導入されるようだ。

JR東海とJR西日本は東海道・山陽新幹線の指定席をスマホ等で予約し、「Suica」などの交通系ICカードを利用することでチケットレスで乗車できる新サービス「スマートEX」を9月末から導入することを発表した。

交通系ICカードを使ってチケットレスで新幹線が利用できるように

「エクスプレス予約」は、東海道・山陽新幹線の指定席をネット上で予約し、会員専用のICカードを使うことでチケットレスで乗車できる便利なサービスだが、年会費を支払ったり、専用のICカードを使わなければならないという制約があった。

しかし、今回発表された「スマートEX」は年会費不要で「Suica」などの一般的な交通系ICカードを利用してチケットレスで乗車できるというサービスになる。

「スマートEX」を利用するためには、まずはスマホやPCなどからクレジットカードと交通系ICカードを「スマートEX」のサービスに登録。その後は、スマホなどから新幹線の指定席を予約し、改札口で登録した交通系ICカードをかざして乗車するだけだ。

「エクスプレス予約」との違いは以下の通り。

どちらもスマホやWeb上から予約ができ、チケットレスで乗車できるのは同じなのだが、「スマートEX」は年会費が不要で、普段から利用している交通系ICカードをそのまま使うことができるという点が魅力。

ただし、「エクスプレス予約」ではお得な会員価格で新幹線の予約ができるのに対し、「スマートEX」は駅での価格とほぼ同じ。東海道・山陽新幹線を頻繁に利用するのであれば、「エクスプレス予約」の会員登録をした方が安く済むかもしれないという点には注意が必要だ。

提供は9月末頃。サービスの詳細については決定次第お知らせするとのことなので、東海道・山陽新幹線を利用する機会がある人は同サービスの存在をお忘れなく!

ちなみに、東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線には「モバイルSuica」というチケットレスサービスがある。同サービスは「iPhone 7 / 7 Plus」の発売後にリリースされた「Suica」の公式アプリからも利用可能なので、これらの新幹線を使う機会が多い人はこちらも併せて確認しておこう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。