やはり「iPhone 8」のバッテリー持ちは従来端末よりも長くなる? 性能によっては爆売れの可能性もありか

2017年に発売が予定されている「iPhone 8」は、過去に例を見ないほど爆売れすることになるかもしれない?!

有機ELディスプレイを搭載する「iPhone 8」は、従来のTFT液晶を搭載したモデルよりも長い駆動時間を実現できるため、全世界のiPhoneユーザーの買い替え需要を喚起できるかもしれないとのこと。MacRumorsが伝えている。

バッテリー持ちの改善と大幅なアップデートの影響で販売が大きく伸びる可能性も

モルガン・スタンレーのアナリストKaty Huberty氏のレポートによると、2017年に発売が予定されているiPhoneは全3モデル。

従来の端末と同じ4.7インチモデル、5.5インチモデルの2機種に加えて、有機ELディスプレイを搭載した「iPhone 8」という全く新しいモデルが登場するが、この「iPhone 8」に関しては最先端の有機ELディスプレイを搭載することによって、バッテリー消費が今までよりも少なくなりバッテリー寿命が伸びることが予想されるという。

同レポートでは、具体的にどれくらいバッテリー持ちが改善されるかについては明言されていないが、長時間駆動のバッテリーの他にも多数の新機能や新デザインも相まって、「iPhone 8」は相当な数が売れる可能性があるとのこと。

「iPhone 8」のバッテリーに関しては、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏もレポートを公開しており、「iPhone 8」の内部にあるロジックボードを「積層型」と呼ばれる縦に重ねたロジックボードに置き換えることで、従来よりも大きなバッテリー用スペースを確保するとしている。

おかげで、端末の大きさは4.7インチモデルとほぼ同じサイズながら、5.5インチモデルと同じくらいのバッテリー容量を持つことが可能になるという。Kuo氏によれば、「iPhone 8」は「iPhone 7」に比べて最大50%もバッテリー容量が増加する見通し。

これに有機ELディスプレイの搭載による省電力化も加わることで、iPhoneのバッテリー持ちは劇的に改善する可能性があるという。

言わずもがな「iPhone 8」には世界中の多くのユーザーが期待している。「iPhone 7」が大きな進化を果たすことができなかったことから、購入を見送ったユーザーも多い。

Katy Huberty氏の市場調査メモによると、世界のiPhoneユーザーの中には2~3年前に発売した「iPhone 6」「iPhone 6s」を持ち続けているユーザーも多く(特に中国のユーザーで)、ハイエンド端末の登場を心待ちにしているという。

期待の「iPhone 8」は有機ELディスプレイが搭載される他にも、ワイヤレス充電機能や顔認証のための3Dセンサー等が搭載されるという。また、ホームボタンが廃止されフロントパネルのほとんどがディスプレイと化す「ベゼルレスデザイン」になる予定。「ファンクションエリア」と呼ばれる領域も用意され、従来端末とは全く異なるデバイスになる可能性がとても高い。

こんな素晴らしい端末「iPhone 8」が登場したら、昨年に「iPhone 7」を買ったばかりの人でも買い換えるかもしれない。そう考えると、「iPhone 8」は爆売れしてもおかしくはなさそうだ。

さらに、この需要喚起は同時に発売する4.7インチモデルの「iPhone 7s」や5.5インチモデルの「iPhone 7s Plus」にも好影響が及ぶ可能性もあるとのこと。

ちなみに新型端末の登場はiPhoneユーザーだけではなく、市場も大いに期待しているようだ。これらの期待が盛り込まれた結果、モルガン・スタンレーはAppleの目標株価を154ドルに引き上げている。

現在の株価は136.53ドル(2/24時点)なので、これから10%程度上昇することもあり得るということか。「iPhone 8」の購入と同時に、Apple株の購入も検討したほうがいいのかもしれない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。