【iOS 10.2.1】iPhoneのバッテリー交換が必要になった時に表示されるエラーメッセージの内容が判明

昨日、Appleは「iPhone 6 / 6s」が予期しないタイミングでシャットダウンしてしまう不具合を「iOS 10.2.1」の配布で80%ほど解消することができたとコメントしたことをお伝えしたが、同時に「iOS 10.2.1」にはiPhoneのバッテリー状況を診断する機能が搭載される予定であることが明らかになっていた。

この機能は「設定」アプリの「バッテリー」項目に表示されることが判明していたが、先ほどAppleは同機能の詳細を公開しているので、その内容をお伝えしよう!

バッテリー交換が必要かどうかは「設定」アプリから確認可能に

Appleは「iPhoneのバッテリーの点検修理が必要になる可能性があります」と表示される場合というサポートページを公開した。

同ページによると、「iOS 10.2.1」以降のバージョンを搭載するiPhoneには、iOS内にある端末の診断機能を使ってiPhoneのバッテリーが交換時期に来ているかどうかを診断する機能が追加されるとのこと。

同機能は「設定」アプリ内の「バッテリー」項目の上部に表示される。もし、バッテリーの交換が必要と判断された場合は、「iPhoneのバッテリーの点検修理が必要になる可能性があります」というメッセージが表示されるようになる。

当たり前だが、このメッセージが表示されるということはバッテリーが消耗してしまっている可能性が高い。もし表示されるようだったらバッテリー交換を検討するか、新しいiPhoneへの乗り換えを検討してみてもいいのではないだろうか。

ちなみに、AppleはiPhoneのバッテリー耐用年数を最大限に伸ばすためのTIPSを公開している。もし長くiPhoneを使いたいようだったら、自身の端末の使い方を見直してみるのもありかもしれない。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう