Apple、「iOS 10.3 beta」をインストールした端末に「2ファクタ認証」を促す通知を送信

もしかしたら、今後のAppleのセキュリティは「2ファクタ認証」がデフォルト化するかもしれない。

Appleは昨日の昼過ぎ頃、「iOS 10.3 beta」もしくは「iOS 10.3 Public Beta」をインストールしたユーザーに対して、「2ファクタ認証」機能をオンにすることを推奨する通知を一斉に送信していたことが明らかになった。

「iOS 10.3」のベータ版をインストールしているユーザーに対し通知

この通知は、Appleが提供しているセキュリティ「2ファクタ認証」と呼ばれる認証システムをユーザーに対して促すもので、以前からAppleは「2ファクタ認証」への切り替えを推奨してきたが、ユーザーに対して直接通知するのは初めてのことだ。

この通知は他のアプリの通知と同じように表示され、ロック画面や通知センターに表示される。通知をスワイプすることで「設定」アプリが表示され、自身のアカウント情報の直下に「2ファクタ認証」を設定する項目が出現する。

ちなみに通知は「削除」するか、「2ファクタ認証」への切り替えを行うかの2択で消すことができる。セキュリティ保護の観点から「2ファクタ認証」の機能をオンにすることをお勧めするが、もし不要な場合は通知を削除しない限りロック画面に表示され続けるので、スワイプで削除を。

今回は「iOS 10.3 beta」「iOS 10.3 Public Beta」ユーザーに通知されただけで、一般ユーザーには通知は行われていない。ただし、同通知は正式版「iOS 10.3」がリリースされた後でも行われる可能性は高い。

「2ファクタ認証」とはAppleが導入した新しいセキュリティ機能。Apple IDの認証を二重化することで、パスワードが外部に漏れたとしても本人以外はアカウントにアクセスできないようにした認証方式だ。

Appleには「2ステップ確認」というセキュリティ方式も存在するが、「2ファクタ認証」はこのセキュリティよりも強いセキュリティ強化システムになる。

最近ではどの企業もセキュリティ強化を理由に2段階認証システムを取り入れていて、これはAppleも例外ではない。

2段階認証は自分のアカウントを守るにはかなり有効な手段。認証が少し面倒になるのであえて導入していない人もいるのかもしれないが、不正アクセスが横行しているこの時代に、防衛措置を取らないのはあまりに危険。

一度導入さえしてしまえば普段の認証はさほど面倒ではないので、もし「2ファクタ認証」が必要だと思ったら同機能を「オン」にしよう。

詳しくはAppleのサポートページを参考にしてほしい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。