「iPhone 8」の充電ポートはLightningからUSB-Cに置き換えかーーWSJが報じる 曲面有機ELディスプレイの搭載も

何度かお伝えしている通り、2017年に発売が予定されている新型iPhoneは、4.7インチモデルの「iPhone 7s」と5.5インチモデルの「iPhone 7s Plus」、そして大きさは4.7インチモデルと同じだが、ホームボタンが廃止され全面がディスプレイ化した「iPhone 8」の3モデルになるものとみられている。

特に、「iPhone 8」に関しては全面ディスプレイなどの他にも多数の新機能が搭載されることが予想されているが、先ほど新しい情報がもたらされた。

米WSJのレポートによると、「iPhone 8」の充電ポートは従来の「Lightning」から今流行りの「USB-C」に置き換えられるのではないかとのこと。以下で詳細をお伝えしよう。

充電ポートが「USB-C」に置き換えに

WSJのTakashi Mochizuki(@mochi_wsj)氏のレポートによると、「iPhone 8」には従来の「Lightning」ポートではなく、USB-Cポートが搭載される予定であるとのこと。「Lightning」のように独自規格のコネクタではなく、いわゆる汎用タイプのものだ。

「Lightning」は、2012年発売の「iPhone 5」で初めて採用された電源コネクタで、それ以降の端末ではずっと同じコネクタが採用されてきた。最近の情報ではAppleは充電ポート周りに変更点を加えないと言われていたことから、「iPhone 8」でもLightning端子が継続的に搭載されるものとみられていた。

「Lightning」の規格は、今はもう古い。最近ではモバイル端末に搭載される内蔵バッテリーも大型化してきている関係で、急速に充電する機能が求められている。Lightningでは何時間も充電をしなくてはいけないのでかなり不便だったが、この問題を解決できるのは「USB-C」だ。

「USB-C」であれば、今までの何倍もの速度で充電することが可能。さらに、PCやMacからのデータ転送も高速化できる。

AppleがiPhoneの「Lightning」を「USB-C」に置き換えるという情報に関しては、特に違和感はない。なぜなら、すでに「USB-C」を採用した端末が2台(MacBookMacBook Pro)も登場しているから。

「MacBook Pro」に関しては、ポート全てが「USB-C」ポートに置き換えられたことで、従来のデバイスをアダプタなしでは使えなくなった。

これに関してはユーザーからも不満の声が上がっており、話題になった。もしiPhoneの標準コネクタが「USB-C」に置き換えられたら、同じような不平不満が出てくることが考えられる。

だが、「iPhone 8」を購入したユーザーは、同梱の「USB-C」ケーブルで「MacBook」や「MacBook Pro」の充電ができるようになるのかもしれない。そうなれば、持ち歩くべきケーブルの本数は1本で済む。しかも充電器もひとつで事足りるかもしれない。これはとてもスマートだ。

既存のLightningアクセサリが使えなくなってしまうのは大問題に発展する可能性もあるが、もし「iPhone 8」に「USB-C」が搭載されたとしても僕は大歓迎だ。ちなみに、同時に発売する「iPhone 7s(仮)」や「iPhone 7s Plus(仮)」に関しては「USB-C」が搭載されるのかそれとも「Lightning」が搭載されるかについては不明。

ちなみに、WSJの報道によると「iPhone 8」のディスプレイはやはりフレキシブル有機ELディスプレイが採用されるとのこと。つまり搭載されるディスプレイは「Galaxy S7 Edge」のようなエッジ部分が湾曲したものになる可能性が高いという。もちろんエッジ部分のベゼルは排除され、ベゼルレスデザインが採用される見通し。

Appleはこのデザインを「iPhone 8」に採用することを決定しており、生産を開始するためすでに大量の部品の調達を開始しているとのこと。

「iPhone 8」の価格は、先日も伝えられていた通り1,000ドル(約11万円)以上になると予想されているようだ。WSJはこのモデルを「10th Anniversary Edition(10周年記念エディション)」と呼んでいるが、Appleがこの名称を用いるかどうかは不明だ。

現段階の情報を少しまとめてみよう。有力なのはKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏が伝えているものだ。

「iPhone 8」からはホームボタンが廃止され、フロントパネルの全面がディスプレイと化した「全面ディスプレイ」デザインになる。そして、ディスプレイの下には0.65インチの「ファンクションエリア」と呼ばれる領域が設けられるという。イメージとしては「MacBook Pro」に搭載されたタッチバーのような感じで、ユーザーは「ファンクションエリア」をうまく使って、iPhoneの操作を行うことになると思われる。

ファンクションエリアを含めたディスプレイサイズは、5.8インチ。端末のサイズに関しては4.7インチモデルとほぼ同じになると予想されており、これらの情報に関しては今回のWSJも同じ内容を伝えている。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。