LINE、同社初のスマートスピーカー「WAVE」を2017年初夏に発売へ クラウドAIプラットフォーム「Clova」を搭載

LINEが、クラウドAIプラットフォーム分野へ進出することが判明した。

現在、スペインはバルセロナで開催されている「MWC 2017」で、LINEは新しいクラウドAIプラットフォームを開発していることを発表。今夏には同社初のスマートスピーカーを発売することが明かされた。

LINE初のデバイスはホームスピーカー 2017年初夏に発売

LINEが開発しているクラウドAIプラットフォームの名前は「Clova(クローバ)」。LINEとNAVERの2社で共同開発した音声アシスタントの下地となるものだ。

「Clova」の中核は「Clova Interface」と「Clova Brain」のふたつで構成。人間の五感にあたるのが「Clova Interface」であり、その中の耳と口にあたるのが「Clova Voice」。「Clova Voice」は、音声認識である音声合成などを行うために使われ、五感の目にあたる「Clova Vision」では、画像認識や顔認識などを行う。

現状はこのふたつでの運用になるが、今後さらに他の感覚に関しても対応していくことを発表している。

 

LINEの発表によると、「Clova」をスマホアプリ「Clova App」や、スマートスピーカー「WAVE」に搭載することを計画している。

「Clova App」や「WAVE」は、ユーザーが話しかけることで会話を楽しんだり、ニュースや天気予報、占いやカレンダー確認、音声翻訳など多数のサービスが利用可能になるとのこと。

その他、オーディオブックの再生や家庭用スマートデバイスを活用することで室内照明のコントロールも可能になるという。

「Clova」のイメージは、「Siri」や「Alexa」のような音声アシスタントに近いものだろう。さらに、「WAVE」は「Amazon Echo」や「Google Home」に近い端末だと予想できる。

音声でコントロールできるのはもちろんだが、メッセンジャーアプリを最大限に使ったコミュニケーションができるようになることが考えられれ、リビングなど人が集まる場所に置いておくことで生活が便利になるかもしれない。

LINEの発表では、「Clova App」と「WAVE」は、2017年初夏に日本と韓国国内でリリース予定であるとのこと。その後はアジア地域を始めとした、LINEが事業展開している各国で順次提供が開始される予定。

また、2017年冬にはスマートディスプレイ「FACE」もリリースされる予定。バーチャルホームロボット「Gatebox」を展開するウィンクルを連結子会社化も同時に発表されているが、買収額は明らかにされていない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう