ニンテンドースイッチのカートリッジにはギネス記録にも登録されている「最も苦い物質」が使われていることが判明

本日、「ニンテンドースイッチ」のカートリッジは「殺虫剤のような味」だという報告が挙がっていることをお伝えしたが、カートリッジに使われている物質が判明した。

Kotakuによると、ニンテンドースイッチのカートリッジには「最も苦い物質」としてギネスにも登録されている「安息香酸デナトニウム」という物質が使われているとのこと。

この「安息香酸デナトニウム」は非常に苦い物質で、5億分の1に薄めても苦味を感じるほどの物質なのだとか。ただ、人体には特に害がない物質なので、主に誤飲防止剤として使われることが多いようだ。

もちろん、小さい子どもがいる場合は口に入らないようにするのが一番だが、これほどまでに苦い物質が使われていれば、万が一の事故を防ぐことができそうだ。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 2
マリオカート8 デラックス
任天堂 (2017-04-28)
売り上げランキング: 29
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう