「ニンテンドースイッチ」の充電に最適なモバイルバッテリーは、RAVPowerのUSB-C/USB-PD対応モバイルバッテリー

本日、新型ゲームハード「ニンテンドースイッチ」が発売になっているが、同ゲームハードは持ち運ぶ際のバッテリー持ちが心許ないと心配する声が挙がっている。

「ニンテンドースイッチ」の充電ポートは最近徐々に普及しつつある「USB-C」を採用しているわけだが、その中でも急速充電が可能な「USB-PD」という規格に対応している。

もちろん、USB-Cに対応したモバイルバッテリーであれば充電自体は可能なのだが、「ニンテンドースイッチ」は画面の大きさや処理能力も相まってかなりの電力を消費する。そのため、遊びながら充電することは通常のモバイルバッテリーでは不可能。

しかし、Amazonで販売されているモバイルバッテリーの中で、「RAVPower」というスマホアクセサリメーカーが販売しているモバイルバッテリーを使うと、「ニンテンドースイッチ」を遊びながら充電することができる。同製品について詳しくお伝えしよう!

RAVPowerのモバイルバッテリーは急速充電規格「USB-PD」に対応

結論から言うと、ニンテンドースイッチで遊びながら充電するには「USB-PD」かそれに準ずる出力の充電規格に対応したモバイルバッテリーが必要。そうでないと充電量よりも消費量が多くなり、いずれはバッテリー残量がなくなってしまうからだ。

この「USB-PD」規格に対応している製品はまだそこまで多くないため、実質「ニンテンドースイッチ」を使いながら充電するためには限られたモバイルバッテリーを使うしかない。

現状、Amazonで販売されている「USB-PD」対応モバイルバッテリーは、RAVPowerの26800mAhと20100mAhの2種類のみとなっている。

両製品の違いは、バッテリー容量とそれに伴う大きさと重量だけ。付属品は同じで、値段もほとんど変わらないので、特段重いモバイルバッテリーが嫌でなければ26800mAhの購入をオススメする。

ちなみに、同モバイルバッテリーで「ニンテンドースイッチ」が充電できることはすでに僕の方で確認済みだ。レビューも書いているので、気になる人はこちらからどうぞ。

ただ、1つだけ気をつけてほしいのが、このモバイルバッテリーでニンテンドースイッチを急速充電するには両端がUSB-C端子になっている「USB-C to USB-C」ケーブルが必要であること。こちらは付属品としては同梱されていないので、必要な人は別途購入するようにしてほしい。

参考までに以下のケーブルは同規格に対応しているので、何を買えば分からない人はこれを購入しても良いと思う。

また、今回の記事内容と直接的に関係はないかもしれないが、もし「USB-A」ポートからニンテンドースイッチを充電しようとした場合に関しては、安全性の理由から「56kレジスタ(抵抗)」が実装されたケーブルを使用するように任天堂の公式サイトからアナウンスされているので、その点に関しては注意してほしい。

RAVPowerのモバイルバッテリーは現在Amazonで販売中で、26800mAhが6,999円、20100mAが6,899円だ。RAVPowerの製品には18ヶ月+12ヶ月の保証期間もあるので、安心して購入していただければと思う。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

コメント一覧

  1. MB より
    2017-03-10 03:20

    充電方向が逆(Switchから電力を奪われてモバイルバッテリーをに充電)になる問題は発生しませんか?
    SwitchとMacbookをUSB-C同士で接続したときは想定とは逆方向に給電する事例があるようで、
    またこのバッテリーも、USB-C採用のタブレットPCで使用すると、同様の問題があるようです。

    http://digigen.blog.so-net.ne.jp/2016-12-26
    > 接続するタイミングによっては、MateBookからモバイルバッテリーを充電するモードになってしまいます。
    > 4.85V/1.12AをMateBookから出力してしまっています。
    > MateBookも、RAVPowerも、Type-Cの入力・出力の両方に対応しているため、このようなことが発生してしまいます。

    • NANA より
      2017-03-10 03:42

      記事へのコメントありがとうございます!記事を書いたNANAと申します。

      確かにこのRAVPowerのモバイルバッテリーに関しては、過去のAmazonレビューでUSB-C同士の接続時にモバイルバッテリー側を充電してしまったケースがあることは事実のようです。
      ただ、僕の持っている26800mAhのバッテリーではMacBook Pro 2016、ニンテンドースイッチのどちらも問題なく充電できていますし、モバイルバッテリー側に給電してしまうケースは一度もなかったと記憶しています(ただし、ニンテンドースイッチの電源を切った状態でMacBook Pro2016に直接接続すると、MacBook側が充電されるというケースは報告されています→https://corriente.top/post-35017/)。

      MateBookに関しては保有していないのでこちらでは確認できていませんので、同端末を充電するために使うことを検討しているのであれば、現状では見送った方はいいかもしれません。
      この件についてはRAVPowerに直接問い合わせてみようと思います!返答がありましたら、再度ご連絡させていただきますね!

    • NANA より
      2017-03-11 09:52

      こんにちは!CoRRiENTE.topのNANAです!
      メーカーのRAVPowerから回答が得られましたので、詳細をお伝えしようと思います。

      結論から言うと、RAVPowerの26,800/20,100mAhモバイルバッテリーは、状況によってはデバイス側ではなく、モバイルバッテリー側を充電してしまうことが確認されているようです。

      この原因は、MBさんのおっしゃる通りUSB-C to USB-Cでは出力・入力の両方に対応が可能なためです。

      接続手順の違いや接続するデバイスのバッテリー残量などによって、モバイルバッテリー側が充電する方向を自動検知する際に、間違った方向に認識してしまうことがあるとのこと。

      RAVPowerによると、これには解決策があるようで、モバイルバッテリーの電源ボタンを3秒長押しすることで、「バッテリー充電モード」に切り替えることができるそうです。

      もし、デバイスとモバイルバッテリーを接続した際に、モバイルバッテリー側が充電されてしまってる場合はこれで解決することができるそうですが、それでも改善しない場合に関してはRAVPowerに連絡することで、ユーザーのデバイスやモバイルバッテリーの状況を確認し、必ず対処してくれるとのことです。

      サポートはしっかりすると言っていたので、安心していただいて良いかと思います。