英Apple、音楽祭「BRIT Awards」で公開したCMを2本YouTubeで公開 英アーティストにフォーカスし「Apple Music」をアピール

先月22日、イギリスでは年に1度の音楽賞授賞式「BRIT Awards」が開催された。

同祭典では、毎年最も優れた楽曲を生み出したアーティストに賞を授与することになっているのだが、2月22日に開催された「BRIT Awards 2017」ではAppleが公式パートナーとして授賞式を盛り上げていたのをご存知だろうか。

Appleは本日、同授賞式内で公開した2本の動画Best British Male」「Best British Female」を公式YouTubeチャンネルで公開している。

「BRIT Awards 2017」に合わせて制作された2本の動画

今回の動画は、30秒と最近Appleが公開している15秒CMに比べて少しだけ長め。「Apple Music」内のラジオステーション「Beats 1」のホストを務めるJulie Adenuga氏のナレーションと共に、「Apple Music」のサービスを紹介していくというものだ。

動画内には英国内のアーティストが多数出演しており、動画のタイトル通り「Best British Male」には男性アーティスト、「Best British Female」には女性アーティストが登場する。

以下が、公開された動画2本。どちらも30秒と短いので時間があるときにどうぞ。

ちなみに、今回の授賞式に合わせて英Appleは、音楽ストリーミングサービス「Apple Music」加入者に向けて特別なプレイリストを公開していた。プレイリストの内容は加入者に好評だったとのこと。

「BRIT Awards 2017」には、最優秀ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト賞に先日亡くなった故デヴィッド・ボウイ氏、最優秀ブリティッシュ・アルバム賞には同氏の「★」が選ばれた。

そして、最優秀ブリティッシュ女性ソロ・アーティスト賞にはエミリー・サンデー氏、最優秀ブリティッシュ・グループ賞は「The 1975」が選出されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。