iPhone、2019年までに全モデルに有機ELディスプレイが搭載かーーその一方で課題も

初代モデルの発売から、iPhoneにはずっと「有機ELディスプレイ」ではなく「液晶ディスプレイ」が採用されてきた。

もちろん、有機ELディスプレイという技術が登場したのが割と最近なため、初代iPhoneが同技術を採用するわけもないわけだが、すでに当たり前な技術となった今でもiPhoneには液晶ディスプレイが採用されている。

しかし今年、Appleは次世代iPhoneを3モデル発表しようとしており、その中のハイエンドモデル「iPhone 8」には有機ELディスプレイを初めて採用する予定。

しかも、Appleはハイエンドモデルに限らず、今後は全てのモデルに有機ELディスプレイを搭載することを考えているようだ。Patently Appleが伝えている。

Appleは2019年までにiPhoneの全モデルに有機ELディスプレイを採用

Patently Appleは、韓国のサプライチェーンのInterflexとSamsung Electro-MechanicsがiPhone用の有機ELディスプレイの基盤の生産を強化しており、Appleは2019年までに全てのモデルに有機ELディスプレイを採用する予定だとレポートしている。

もし2年後までにiPhoneの全てのモデルに有機ELディスプレイが搭載された場合、消費電力の軽減やディスプレイの表示が綺麗になるというメリットがあるほか、曲面ディスプレイを採用できる可能性もある。

[ img via xda ]

しかし、有機ELディスプレイには、同じ色の画面を出し続けることによって起こる「焼き付き」という現象がある

この「焼き付き」現象はある意味有機ELディスプレイの宿命とも言える問題だ。年々解消はされてきているものの、完全に「焼き付き」を防ぐことや一度焼き付いてしまった色を取り除くことは不可能に近いことから、液晶ディスプレイに比べると寿命が短いとも言われている。

メリットがある一方、大きなデメリットも併せ持つ有機ELディスプレイ。メリットはともかくとして、デメリットの「焼き付き」現象に関してはどのように対策するのか、もしくは数年で端末を買い換えることを前提とするのか、有機ELディスプレイに関しては個人的にそこが気になっている。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう