「iPhone 8」の最新コンセプト画像が登場 噂の「ファンクションエリア」と「ベゼルレスデザイン」が特徴的

先ほど、「WWDC 2017」で発表されると思われる「iOS 11」の新たなコンセプト動画を紹介した。

同コンセプト動画では、「ダークモード」や「Split View」などの多数の新機能が搭載されることが予想されていたが、次は今秋に発売が予定されている「iPhone 8」の新コンセプトが登場しているのでご紹介しよう。

ホームボタンは廃止になり、ベゼルレスデザインに?

今回、コンセプト画像を公開しているのはAlHasan Husni氏。こちらが今回公開されたコンセプト画像だ。

彼は、最近の「iPhone 8」に関する噂を忠実に再現した新型iPhoneの予想図を描いた。

例えば、ホームボタンが廃止され、ベゼルレスデザインになるという点。フレキシブル有機ELディスプレイが採用されるおかげで、エッジ部分は「Galaxy S7 Edge」のように曲面を描いている。

そのほかにも、KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏が伝えている「ファンクションエリア」の搭載も再現している。AlHasan Husni氏の考えるファンクションエリアはかなり狭く作られているようで、ディスプレイの下に細い帯のようなエリアがある程度。

こちらの画像をよく見ると、画面下に「Unlock with touch ID」と書かれているのがお分かりいただけると思う。

ここには「触覚フィードバック機能付きTouch ID」が隠されており、ユーザーはこの領域をタッチすることでiPhoneの操作を行うようになるのかもしれない。

また、画面上には「iOS 11」で搭載されると噂の「ダークモード」が描かれている。画面全体のUIは白から黒ベースに置き換わることで、省電力性の向上が実現するかもしれない。

今回公開されたコンセプト画像はあくまでも予想なので、本物の「iPhone 8」とは異なるだろう。

先日リークされたSamsungの新型スマホ「Galaxy S8」と、とてもよく似た印象を受けるが「iPhone 8」の姿は実際はこんな感じになるのかも。

ちなみに「iPhone 8」は、従来の金属ケースからガラスケースに置き換えられるとも予想されている。背面がどのようになるのかも気になるところだ。

本物の「iPhone 8」の発表は今年秋に行われる予定でまだしばらく時間がある。それまでに様々なリーク情報が登場すると思われるので、今年に新型iPhoneを購入することを考えている人は、今後の情報を要チェックだ。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう