Apple、イビデンが100%再生可能エネルギーで部品を生産することを約束する日本初の企業となったことを発表

Appleは、太陽光発電などの再生可能エネルギーを使用したり、製品や包装にエコな素材を使用したり、使い終わった製品を回収してリサイクルしたりと、以前から環境に対する様々な取り組みを行ってきた。

そんなAppleの環境に配慮した製造を行う上でのパートナーシップ「クリーンエネルギープログラム」にイビデンが加わったことが明らかになった。

Appleは、日本企業のイビデン株式会社が100%再生可能エネルギーでAppleの製造を支えることを約束する日本初の企業となったことを発表している。

イビデンとの提携で、よりクリーンな製品づくりを行うことを宣言

イビデン株式会社は、パッケージ基盤やプリント配線板などの電子関連製品を扱っている企業で、同社の製品はApple製品の集積回路やチップパッケージなどに使用されている。

同社は貯木場の池の水面にフロート式の架台を設置し、7680枚の太陽光パネルを浮かべた「水上式メガソーラー」を稼働させていることで有名なのだが、今回のパートナーシップの締結に当たって、Appleはこの施設を含む複数の再生可能エネルギー施設に投資していくことを発表している。

これにより、イビデンが生産する12MW以上の太陽光エネルギーの一部はApple製品の製造に使われ、同時に日本の全国的な炭素排出量の削減にも貢献するとのこと。

Appleの環境への取り組みは発表会でも度々報告されており、Appleがいかに持続可能な開発に力を入れているかは明白だ。今回のパートナーシップ締結を先駆けに、より多くの日本企業がAppleと提携し、環境に良い製品づくりを目指してくれればと思う。

ちなみに、Appleとそのサプライヤーは、2018年末までにApple製品の製造のために年間毎時25億kW以上のクリーンエネルギーを生み出すことを目標としているとのこと。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。