【解説】Twitter、iOS向け公式アプリの最新アップデートとなるv6.73.1をリリース キャッシュデータの削除が可能に

twitter

本日、TwitterはiOS向け公式アプリの最新アップデートとなる「v6.73.1」をリリースしている。

同アップデートでは、以前から気になっていたTwitterのキャッシュデータを削除できる機能が追加されているので、早速詳細をお伝えしよう。

設定画面から簡単にキャッシュを消すことが可能に

本日リリースされたiOS版Twitter公式アプリ「v6.73.1」では、アプリ内のメディアやWebサイトデータなどのキャッシュデータを削除できるようになっている。

キャッシュデータを削除するには、まずは自身のプロフィール画面にある「歯車」のマークをタップして「設定」を選択する。

次に、「基本設定」内の「データ利用の設定」を選択。下部の「メディアストレージ」「ウェブサイトストレージ」をタップすることで、それぞれのキャッシュデータを削除することができる。

ちなみに、毎日Twitterアプリを利用している僕がキャッシュデータを確認してみたところ、ウェブサイトストレージだけで1.03GBも溜まっていました。驚愕。

普段からアプリを快適に使うには、ある程度のキャッシュは必要だとは思うが、僕のように1GBも溜め込んでいる場合はさすがに削除した方が良いかもしれない。

アプリを最新版にアップデートしたら早速キャッシュデータの量を確認してみよう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。