PS4の「システムソフトウェア バージョン4.50 SASUKE」が本日配信開始 外付けHDDによる拡張ストレージ機能やブーストモードと呼ばれる新機能も追加に

先日詳細が明かされたPS4の「システムソフトウェア バージョン4.50」が、いよいよ本日から配信を開始した。

同アップデートでは、先日発表されていた通り、外付けHDDを使って拡張ストレージを利用できるようになっていたり、クイックメニューの操作性が改善されている。

また、PS4で撮影したスクリーンショットをホーム画面の背景にすることもできる他、PlayStation VRのBlu-ray 3Dコンテンツにも対応したことが発表されている。

システムソフトウェア バージョン4.50で追加された機能は以下のとおり。

  • 外付けHDDの拡張ストレージ化
  • クイックメニューの操作性を改善
  • お知らせのリニューアル
  • スクリーンショットをホーム画面や機能画面の背景に設定可能に
  • アクティビティーに直接テキストまたはスクリーンショットを投稿可能に
  • アクティビティーにアニメ―ションGIFを投稿可能に
  • パーティー作成後にパーティーの公開/非公開を変更可能に
  • PS VRがBlu-ray 3D™コンテンツに対応
  • 「PS4 Pro」向けに「ブーストモード」の提供を開始

注目は、外付けHDDを拡張ストレージとして使うことができる機能と「ブーストモード」と呼ばれる新機能だ。

外付けHDDにコンテンツが保存できるように

まず、外付けHDDを拡張ストレージとして利用できる機能についてだが、こちらはPS4に外付けHDDを接続することで、アプリケーションなどのゲームコンテンツを外部ストレージに保存できるように。

セーブデータやテーマ、スクリーンショットやビデオなどのコンテンツは外付けHDDに移すことができないようだが、一番データサイズの大きなゲームアプリケーションを移すことができるのはとても重要な機能だ。

もし、多数のゲームを持っていてPS4のストレージを圧迫しているようだったら外付けHDDを接続してみるといいかもしれない。

ちなみに、この拡張ストレージを利用するには、接続したHDDをPS4用にフォーマットする必要がある。一度フォーマットすると他のPCに接続して使うことができるなくなるので、その点については注意してほしい。

同時に接続できるHDDは1台までで、2台同時に接続することはできない。ただし、同時でなければ何台のHDDと接続することができるとのこと。

また、拡張ストレージとして使える外付けHDDは「USB 3.0」以降の規格に対応したものに限る。また、ストレージ容量は250GB~8TBまでとなっているので、HDDの容量にも注意してほしい。

「PS4 Pro」向けに「ブーストモード」が追加

今回のアップデートでは、「ブーストモード」と呼ばれる機能が「PS4 Pro」に搭載される。

この機能は「PS4 Pro」の高速な処理能力を生かし、過去に発売されたゲームタイトルのパフォーマンスを引き上げるというものだ。

具体的には、「PS4 Pro」用にアップデートされていない可変フレームレートを採用した過去タイトルのフレームレートを向上。より滑らかな映像の出力に対応する。また、30Hzもしくは60Hzで動作するタイトルにおいては、フレームレートの安定化が図られるとのこと。

同機能を利用すれば、ロード時間の短縮も期待できるとのこと。全てのタイトルにおいて同機能が使えるわけではないようだが、「PS4 Pro」を使っている人なら是が非でも欲しい機能だろう。早速今日から使えるので、過去タイトルで試してみて欲しい。

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2016-11-10)
売り上げランキング: 50
PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2016-09-15)
売り上げランキング: 7

[ via PlayStation.Blog ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。