TAG Heuer、新型スマートウォッチのティザーサイトを公開 3月14日に詳細を発表ーー「Android Wear 2.0」を搭載

スイス高級腕時計メーカーTAG Heuer(タグ・ホイヤー)が、新型スマートウォッチを発表する。

同メーカーはTwitterの公式アカウントのツイートで、3月14日に新製品を発表することを発表。

2015年にAndroid Wear搭載スマートウォッチを発表する際に使用していた「#ConnectedtoEternity」というハッシュタグが使用されていることから、おそらく3月14日に発表する製品は、同社のスマートウォッチ第2弾になると思われる。

TAG Heuerの新型スマートウォッチに関しては以前から噂されており、情報によると新型デバイスは「TAG Connected Modular」という名前だという。

デザインは従来のものを踏襲しつつ、バンドやバンド、留め具などをカスタマイズできるモジュラーデザインを採用すると予想されている。また「Android Wear 2.0」を搭載し、GPS機能やNFCに対応するという情報もある。

tag-heuer-connected6

ちなみに、前モデルの「TAG Heuer Connected」の価格は16万5000円。かなり高価なスマートウォッチだったが、2年間の保証期間を経過したあとに追加料金1,500ドル(15万円程度)を支払うことで、同社の腕時計「カレラ」の新品と交換してもらうことが可能だった。

今回も同様のサービスが提供されるかどうかは不明だが、新型スマートウォッチがどんな端末になっているのか楽しみだ。

タグ・ホイヤー(TAG Heuer) フォーミュラ1 〔ブラック メンズ〕 WAZ1110.BA0875
タグホイヤー
売り上げランキング: 17,504
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。