LINEモバイル、通話定額サービスの提供を開始へ 「MUSIC+プラン」のカウントフリー対象も拡大

2016年にサービスが開始されたMVNOサービス「LINEモバイル」が新しいサービスの提供を開始する。

本日、LINEは新サービスの発表イベントを開催。その中で、通話定額サービスなど複数のサービス拡大を発表した。

通話サービスの提供や「MUSIC+プラン」のカウントフリー対象の拡大など

LINEモバイルの発表によると、今まで弱点としていた「通話」の分野を強くするため、通話定額サービスの提供を開始する。

詳しい情報については後日発表するとのことだが、「LINEモバイルは通話が不安」といったユーザーの声を受けて新サービスの提供を決めたという。2017年初夏までにサービスを開始する予定。

また従来のサービスの拡充として、「MUSIC+プラン」のカウントフリー対象を拡大する。

この「MUSIC+プラン」は、ある特定のサービスを利用した時のみデータ通信量の消費にカウントされないというサービスで、今まではLINE MUSICに加えてLINEやTwitter、Facebook、Instagramのみが対象だった。

今後はこれらのサービスの他にも新たにカウントフリーとする音楽サービスが登場するとのこと。どのサービスがカウントフリーになるのかについては後日発表するとのことで、具体的な話は分かっていない。

プランの価格に関しては据え置き。今現在、「MUSIC+プラン」に加入している人に関してはこれまで通り利用することが可能だ。

LINEモバイルは、今後もサービスの拡大を続けるとともに、ユーザーが気軽に加入しやすくするように、SIMの即日発行カウンターを増やす方針であることを発表した。

明日から、ヨドバシカメラやビックカメラで店頭発行を開始することをすでに発表しているが、今後はこの店頭発行カウンターを全国100箇所にまで増やす計画であるとのこと。

LINEモバイルは現在、音声通話SIMを申し込んだ場合、3ヶ月分の基本料が無料になるキャンペーンを開催中だ。通話定額制プランを検討していた方は同キャンペーンを使って、LINEモバイルの導入を検討してみてもいいかもしれない。

LINEモバイルのお申し込みはこちらからどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう