Apple、デベロッパー向けに「watchOS 3.2 Beta 6」「tvOS 10.2 Beta 6」をリリース

昨日、Appleはデベロッパー向けに「iOS 10.3 Beta 6」と「macOS Sierra 10.12.4 Beta 6」をリリースしたが、1日遅れで「watchOS 3.2 Beta 6」「tvOS 10.2 Beta 6」をリリースしている。

公開された「watchOS 3.2 Beta 6」「tvOS 10.2 Beta 6」では、どちらも大きな変更点は今のところ見つかっておらず、バグの修正やパフォーマンスの向上などがメインとなっているようだ。

デベロッパー登録をしている人は、時間があるときにアップデートしておこう。

ちなみに、「tvOS 10.2」では管理者向けの機能がいくつか追加。「Device Enrollment Program」に登録し、モバイルデバイス管理 (MDM) への登録や監視が自動化できるようにもなる予定だ。

「watchOS 3.2」では新たに「シアターモード」と呼ばれるモードが搭載される。同モードをオンにするとサウンドがミュートされ、手首を捻ってもディスプレイが点灯しなくなるという機能だ。詳細は以下から確認していただければと思う。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。