次期iPhoneのプレミアムモデルに搭載される曲面ディスプレイは「Galaxy S7 Edge」よりも緩やかなカーブを描く?

今年発表される新型iPhoneは全3モデル。4.7インチ、5.5インチの従来モデルに加えて、5.8インチ型のプレミアムモデルだ。

このプレミアムモデルは、有機ELディスプレイやワイヤレス充電機能など様々な新機能が搭載されることが予想されているが、同時に噂されているのがディスプレイの曲面化だ。

中には、iPhoneの「Galaxy」化に拒否反応を示しているユーザーもいるかもしれないが、実はそこまで心配する必要はないのかもしれない。

曲面ディスプレイを採用するも、現行モデルと大差ないデザインになる?

NIKKEI ASIAN REVIEWによると、Appleは2017年に発売を予定しているiPhoneのプレミアムモデルに関して、エッジ部分が緩やかにカーブした曲面ディスプレイを搭載する予定であると伝えている。

曲面ディスプレイと聞いて一番最初に思いつくのがSamsungの「Galaxy S7 Edge」。同端末はエッジ部分が急角度でカーブしているのが特徴だが、当初はiPhoneも似たようなデザインになると言われていた。

だが、同メディアによると曲面ディスプレイとガラスケースを組み合わせて作ることが技術的に少々困難であるとのこと。そのため、少し緩やかな曲面ディスプレイを採用すれば問題が解決するのだとか。

この緩やかなカーブを描いた曲面ディスプレイを搭載したiPhoneは、操作領域は5.2インチ程度になるとのこと。また、より洗練されたデザインになるとのことだが、このディスプレイを採用したからといって特に新しい機能が追加されることはないという。

そうなると、次期iPhoneのプレミアムモデルは新機能のために曲面ディスプレイを搭載するのではなく、あくまでデザイン的な問題で採用することになる。

しかも、現行モデルのiPhoneも2.5Dと呼ばれる若干曲面がかったディスプレイを搭載していることから、曲面ディスプレイが搭載されたところで今と大差ないのかもしれない。

また、先日の情報では、Appleは新型iPhoneの完成形をまだ決めかねているとも言われている。曲面ディスプレイを搭載したiPhoneも試作されたとのことだが、今回の緩やかなカーブを描いた曲面ディスプレイを搭載するという情報もプロトタイプのひとつなのかもしれない。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。