Swatch、AppleやGoogleに対抗し独自のスマートウォッチ用OSを開発中

高級腕時計メーカーのSwatchグループが、スマートウォッチ市場に進出するようだ。

SwatchはAppleの「watchOS」やGoogleの「Android Wear」に対抗して、独自のスマートウォッチOSの開発に着手していることが明らかになった。

Swatch、スマートフォン用の独自OSを開発中

SwatchグループのCEOであるNick Hayek氏は、Bloombergのインタビューに対し、2018年末までに同社の「TISSOT(ティソ)」ブランドでスマートウォッチを発表する予定だと語った。

このスマートウォッチには独自のOSが搭載され、スマートウォッチのバッテリー持ちの改善やより安全なデータ保護が可能になるという。

一般的なスマートウォッチには「Android Wear」が搭載されていることが多く、先日もTAG Heuer(タグ・ホイヤー)が「Android Wear 2.0」を搭載した新型スマートウォッチの発売を発表していた。

しかし、Swatchは「Android Wear」ではなく独自のOSの開発をしている。このOSの詳細については語られなかったようだが、「TISSOT」ブランドのスマートウォッチに期待している人は注目しておきたいところだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。