任天堂、販売好調を受けてニンテンドースイッチの生産計画を倍増へ 18年3月期の販売台数は1,000万台超えか

現在品薄となっている任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の増産が決まった。

任天堂の関係者の話によると、任天堂は2018年3月期のニンテンドースイッチの生産計画を少なくとも2倍以上に引き上げる計画であるようだ。WSJが伝えている。

18年3月期の販売台数は1,000万台超えか

発売から約15日ほど経った今でも品薄が続いているニンテンドースイッチだが、18年3月期のニンテンドースイッチの生産計画は当初の800万台から1,300万台に引き上げられる。

WSJによると、これは過去に大ヒットを記録した「Wii」の生産ペースと並ぶ量になるとのこと。

実際の販売台数に関して具体的な数字は公表されていないが、関係者によると任天堂は18年3月期の販売台数は1,000万台超えと見込んでいる。ホリデーシーズンでもない、この時期の販売台数としては驚異的な数字だ。

今後、増産が行われることで未だに購入できていないユーザーもまもなく購入することができるようになるだろう。「スーパーマリオ オデッセイ」や「スプラトゥーン2」などのビックタイトルが控えているため、何としても手に入れたいところ。

ちなみに、「ニンテンドースイッチ」は発売から2日間の国内推定販売台数330,637台を記録。米国では詳細な販売台数は明らかになっていないが、米任天堂のCEOレジナルド・フィサメィ氏が「発売から2日間の販売において、任天堂の歴史上もっとも多く売れた端末である」と語っている。

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 16
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 3
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。