Apple、「AppleCare+ for iPhone」の加入可能期間を1年に延長

iPhoneの万が一の故障に備えて、ぜひ入っておきたい「AppleCare+ for iPhone」。

AppleはiPhone購入後から1年の間、ハードウェア製品保証と90日間の無償電話サポートを提供しているが、別途「AppleCare+ for iPhone」に加入することで、このサービス期間を2年間に延長することができる。

本来であれば「AppleCare+ for iPhone」に加入できるのは、購入から60日(日本では30日)以内と決められていたのだが、この加入可能期間が延長されるかもしれない。

9to5Macによると、新規でiPhoneを購入したユーザーの報告から加入可能期間が「60日」から「1年」になっていたことが判明している。

AppleCare+ for iPhoneへの加入は購入から「1年以内」に変更

こちらがそのスクリーンショット。購入したのは、2016年11月で、加入期限は1年後の2017年11月。つまり、購入から1年間は「AppleCare+ for iPhone」に加入することができるようになったということ。

この変更が実施されているのは、米国だけでなくイギリス、カナダ、香港。残念ながら日本では今まで通り30日間のまま変更はなく、今後実施されるかどうかも不明だ。

9to5Macはこの件を受けて、iPadやApple Watchでも同様に加入期間が延びているのかチェックしたそうだが、これらの変更はあくまでiPhoneだけだったとのこと。

「AppleCare+」は各製品に用意されており、それぞれ保証サービスの内容が異なる。もし、購入してから間もない製品をお持ちだったら、万が一のことを考えて加入しておくことをお勧めする。

ちなみに、各サービス内容についてはApple公式サイトに詳しく記載されているので、こちらから詳細を確認して欲しい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。