【新機能まとめ】「iOS 10.3」に搭載された新機能を解説 「AirPodsを探す」機能や新ファイルシステムの導入など

本日、AppleiOSの最新バージョン「iOS 10.3」を一般ユーザー向けにリリースした。

この「iOS 10.3」には、事前に開発者向けにリリースされていたベータ版から多数の新機能が搭載されていることが判明している。

では、前バージョンから一体何が変更になったのか、ざっくりだが紹介していこう!

「AirPodsを探す」機能が追加

「iOS 10.3」には、AirPods保有者に対して便利機能が追加される。それは「AirPodsを探す」機能だ。

今までも「iPhoneを探す」アプリで自身が持っているApple製品がどこにあるのか探す機能を利用することができたが、これに「AirPods」の項目が追加される。

使い方は、「iPhoneを探す」アプリにサインインして、「AirPods」の項目を選択するだけ。

「AirPods」の項目をタップすると、AirPodsを最後にペアリングしていた場所が表示される仕組み。さらに、AirPodsから音を鳴らすことができるので、紛失したとしても近くにいれば見つけることが簡単になるかもしれない。

ただし、「AirPods」の場所を地図上に表示する場合はあくまで最後にペアリングしていた場所のみが表示される。そうなると、移動し続けるバスや電車内で落としてしまった場合は見つけることはほぼ不可能になるので過信は禁物だ。

新ファイルシステム「APFS」の導入 アプデ前のバックアップは必須

「iOS 10.3」からはiOS内のファイルシステムが変更になる。

新ファイルシステムの名前は「Apple File System (APFS)」。以前から配布されている開発者向けベータ版ではすでに導入されているもので、「iOS 10.3」へアップデートする時点で自動的に旧ファイルシステムから新ファイルシステムに置き換わるようになっている。そのため、ユーザーとしては何か特殊なことをする必要は一切ない。

ただし、注意してほしいのはこの新ファイルシステム「APFS」に置き換えている途中に何かしら問題が起きた場合はデータが消失してしまう可能性があるという点。

詳しくは別記事にまとめているのでこちらをご覧いただきたいのだが、「iOS 10.3」のアップデートをする際には不測の事態に備えるため、必ずバックアップを取っておくことをオススメする。

ちなみに、この新ファイルシステムに移行しても端末の起動時間が若干早くなる程度で、普段の動作が格段に早くなったりすることはない。あくまでも旧ファイルシステムからの移行という意味合いが強いのだと思われる。

何度も言うようだが、アップデートの前には必ずバックアップを取っておこう。バックアップの取り方は、以下の記事を参考にしてほしい。

「Apple ID」のプロフィールセクションが追加

設定メニューの最上部に、新たに「Apple ID」のプロフィールを設定するセクションが追加された。この項目から、ユーザーのアカウント情報のすべてが閲覧可能になる。

このプロフィール項目には、「iCloud」や「iTunes」、「App Store」「ファミリー共有」などの情報が表示され、それぞれの項目から、どの情報にアクセスするかを選べるように。「iCloud」の項目では、自分が今どれだけのiCloudのデータ容量を使っているのかもグラフで確認できるようになった。

これらの設定や機能は、今まで「設定」アプリの中に散りばめられていたものだが、「iOS 10.3」からは全てがプロフィールセクションからアクセスできるように。要は「設定」アプリの項目が今までよりもシンプルになったという話だ。

ちなみに、この画面の下には自身が持っている端末が一覧で表示されるようになっており、各デバイスの所在地を把握することができる。

「マップ」アプリで、表示地点の気温や天気が表示されるように

リリース当初、全く使い物にならずユーザーから不満が相次いでいた「マップ」アプリだが、地味な改良が継続的に進められているようだ。

Appleは、「iOS 10.3」のマップアプリで天気情報を表示できるようにした。

「マップ」アプリを使用中、画面右下に天気のマークが表示されるはずだ。表示している地点の天気や気温が表示できるようになったため、これから向かう先がどんな天気なのかを一発で把握できるようになる。

さらに、この天気マークを3D Touch(もしくは長押し)することで、これから1週間の天気の表示ができるようになっている。

旅行中などに役立ちそうではあるものの、普段から使っていないとすぐにでも忘れてしまいそうなほど地味な機能なので、ぜひ使い方をマスターしておいてほしい。


以上が主だった「iOS 10.3」の変更点。他にも細かい仕様変更はあるが、重要なのは新ファイルシステムへの移行があるためバックアップを取るのはマストであるということ。

特に、アップデートファイルの配信開始直後はサーバーが混雑する関係で、問題が起こりやすい。出来れば、配信直後のアップデートは避け、少し時間が経ってからアップデートをすることをオススメする。

「iOS 10.3」へのアップデートは「設定」アプリの[一般]>ソフトウェアアップデートから。もしくはiTunesに接続しても可能なので、自身の環境に合わせてお好きな方をどうぞ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。