昨年9月にAppleが申請していた謎のデバイス「A1844」の正体が判明

昨年、Appleは「A1844」という謎の新型デバイスをFCC(米連邦通信委員会)に申請したことが判明し、新型デバイスを秘密裏に開発していると噂されていたが、この端末の正体が判明した。

Business Insiderによると、この「A1844」というデバイスはドア内部に設置するバッジ読み取り装置であることが明らかに。

FCCが公開した資料によると、「A1844」はドアにバッジをかざすことで、音と緑のLEDライトによってロックが解除されたことを知らせる装置になっているとのこと。

おそらく今回の「A1844」は、Apple Storeなどの店舗で使う従業員用の装置になると思われる。

「A1844」というモデルナンバーは、これまでにAppleが世に送り出してきたどの端末とも一致しないことと、中にはBluetoothとNFC機能が搭載されていることが分かっていたため、新型「Apple TV」の登場が噂されていたが、事実はそうではなかったようだ。残念!

ちなみに、今年1月には「A1846」というデバイスもFCCの認証を通過したことが判明していたが、このデバイスもおそらく「A1844」と同じようなものだと思われる。

▶︎ Apple公式サイトで第4世代「Apple TV」をチェック

[ via 気になる、記になる… ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。