Apple、正式版「macOS Sierra 10.12.4」を一般ユーザー向けにリリース Macでも「Night Shift」モードが利用可能に

本日、Appleは一般ユーザー向けに正式版「iOS 10.3」をリリースしているが、同時にmacOSの最新バージョンである「macOS Sierra 10.12.4」もリリースしている

以前から開発者向けにリリースされているベータ版によって、「macOS Sierra 10.12.4」には便利な新機能が追加されているので、今回のアップデート内容をご紹介しよう。

Macでも「Night Shift」モードが利用できるように

「macOS Sierra 10.12.4」では、すでにiOSで導入されている「Night Shift」モードが追加されている。

この「Night Shift」モードは、ユーザーの目の負担を軽減するための機能。ディスプレイのカラーをほんのりオレンジ色に変化させることで画面から発されるブルーライトをカットすることができる

Mac用の「Night Shift」は、手動でのオン/オフはもちろん、決まった時間で自動オン/オフさせることも可能。

ディスプレイの色合いを手動で微調整することもできる。基本的にはiOSの「Night Shift」とほぼ同じような感覚で使うことができる。

「Night Shift」モードは、「システム環境設定」の「ディスプレイ」項目から設定することが可能だ。また、通知センターの「今日」のタブの「おやすみモード」の上のスイッチからも操作可能な上に、音声アシスタント「Siri」に頼んでも同様にオン/オフが可能なので、好きな方法で利用していただければと思う。

ちなみに、「Night Shift」モードが利用できる端末は以下の機種ID以降の端末のみとなっている。

  • MacBookPro9,x(Mid 2012以降)
  • iMac13,x(Late 2012以降)
  • Macmini6,x(Late 2012以降)
  • MacBookAir5,x(Mid 2012以降)
  • MacPro6,x(Late 2013以降)
  • MacBook8,x(Early 2015以降)

もし自分のMacがいつのモデルか分からないという場合は、メニューバー左上にあるリンゴマークから「このMacについて」→「システムレポート」をクリックして機種IDを確認してみよう。

「macOS Sierra 10.12.4」では、この他にもMac App Storeで「Touch Bar」が利用できるようになっている。これにより、Touch Barを使って購入リストやランキングなどに素早くアクセスすることが可能になったので、「MacBook Pro 2016」ユーザーは早速試してみよう。

「macOS Sierra 10.12.4」へのアップデートは、いつもどおりMac App Storeからどうぞ。以下、リリースノート。

  • Night Shiftが追加されます。Night Shiftでは、日が暮れるとディスプレイの色が自動的にスペクトラムの一番暖かい色に変更されます
  • Siriで、インディアン・プレミア・リーグおよび国際クリケット評議会のクリケット競技会のスコアおよび成績を表示できるようになります
  • 上海語の音声入力が追加されます
  • “プレビュー”でのPDFのレンダリングおよび注釈に関するいくつかの問題が解決されます
  • “メール”の“スレッド”表示における件名行の視認性が向上します
  • “メール”メッセージの内容が表示されない問題が修正されます
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう