次期iPhoneのプレミアムモデル、初代iPhoneのような「Water Drop Design」を採用か

噂によると、次期iPhoneは合計3モデル。従来サイズの4.7インチモデルと5.5インチモデルに加えて、新たに5インチのプレミアムモデルが登場する予定だ。

このプレミアムモデルに関してはすでに様々な憶測が飛び交っている状態。中には、Appleはどんな端末にするのかすら未だに決めていないという情報すらある状況。まさにカオスと化している。

その状況に、また新しい情報が登場している。韓国のETNewsによると、次期iPhoneのプレミアムモデルのデザインは、初代iPhoneに似た「Water Drop Design」を採用するとのこと。以下で詳しくご紹介しよう。

初代iPhoneのような「Water Drop Design」の筐体が特徴

ETNewsの報道では、次期iPhoneのプレミアムモデルは筐体ケースに3Dガラスを採用。初代iPhoneの筐体のように緩やかなカーブを描きつつ、上下左右のエッジ部分は全て曲面の「Water Drop Design」となるとのこと。

このデザインを採用する一番の理由は、もちろん初代iPhoneを意識しているから。

今年発売する端末は初代「iPhone」の発売から10周年のアニバーサリー端末。多くのユーザーがこの記念端末の登場を期待しているが、冒頭でも触れたとおり、このプレミアムモデルには様々な噂が出てきており、情報は錯綜している状態だ。

ただ、もしAppleが「10周年」を意識しているとしたら、オリジナルの「iPhone」に似たデザインの端末を登場させる可能性はそれなりにある。昔からiPhoneを使っている人からすれば、喜ばしいことこの上ないだろう。

ちなみに、ETNewsは筐体のデザイン以外について、iPhoneとしては初めて有機ELディスプレイが搭載されることを予想。他にも曲面ディスプレイではなく、フラットディスプレイの採用、そして「iPhone 7」シリーズと同じくらいの防水仕様になるとしている。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。