マクドナルド、クレジットカードや電子マネーなどの決済サービスの取り扱いを拡大へ SuicaやQuickPayなどが利用可能に

[ img via Yamashita Yohei ]

マクドナルドがより便利に利用できるようになること間違いなし!

日本マクドナルドは2017年下半期より順次、全国のマクドナルド店舗(約2,900店舗)でクレジットカードでの決済サービスを開始するとともに、これまで「iD」「WAON」「楽天Edy」しか使用できなかった電子マネーの決済サービスの取り扱いを拡大することを発表している。

マクドナルドでクレジットカードやSuicaなどでの支払いが可能に

今回の発表によると、新たに取り扱いが開始されるのは「Visa」「MasterCard」「AMEX」などのクレジットカードや、「nanaco」「Suica」などの電子マネー、「Visa payWave」「Mastercard コンタクトレス」などのNFCによる決済サービスだ。

対応クレジットカード・電子マネー一覧は以下の通り。

電子マネー クレジットカード NFC
nanaco
Kitaca
Suica
PASMO
TOICA
manaca(マナカ)
ICOCA
SUGOCA
nimoca
はやかけん

Visa
Mastercard®
JCB
ダイナース
ディスカバー
アメリカン・エキスプレス
QUICPay+
JCB PREMO

Visa payWave
Mastercard® コンタクトレス
J/Speedy
American Express® Contactless

これらのクレジットカード・電子マネーには2017年下半期から順次対応していくとのことなので、今年の後半からはマクドナルドで小銭を用意する手間がいらなくなりそうだ。

ちなみに、これまでに対応していた「iD」に加えて、次は「Suica」「QuickPay」での決済も可能になるので、「Apple Pay」が全面的にマクドナルドで利用できるようになるということになる。「iPhone 7」シリーズや「Apple Watch Series 2」を持っている人はぜひとも活用してみよう。

[ via 携帯総合研究所 ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。