「iPad mini 4」の32GBモデル、販売終了 128GBモデルのみ継続販売 「iPad mini 2」の販売も終了へ

本日、Appleは新型タブレットの「iPad」の発表を行っているが、それと同時に販売を終了した端末がある。

それは、「iPad mini 2」と「iPad mini 4」の32GBモデル。これでApple公式サイトで販売されている7.9インチ型iPadは、「iPad mini 4」の128GBモデルだけとなってしまった。

「iPad mini」シリーズに関しては、一部のユーザーから新型モデルの登場を期待する声が挙がっているが、その期待とは裏腹に新型モデルは登場しないため、今後は廃止になる可能性が高まっている。

もし、小型のタブレットを買いたいと考えているようだったら、7.9インチ型iPadの最後の砦である「iPad mini 4」を今のうちに買っておいたほうがいいかもしれない。

ちなみに、「iPad mini 4」の128GBモデルの価格は、Wi-Fiモデルが45,800円、Wi-Fi + Cellularモデルが60,800円だ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (12.9インチ / 10.5インチ)
 ・iPad (9.7インチ)
 ・iPad mini 4
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil / ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。