「watchOS 3.2」が正式リリース 「シアターモード」が解禁に

本日、AppleはwatchOSの最新バージョン「watchOS 3.2」をリリースした。

「watchOS 3.2」では、「シアターモード」を含む複数の新機能の搭載がすでに確認されている。詳しいアップデート内容については以下の通り。

  • 「シアターモード」の追加
  • 「Siri Kit」の追加
  • 「WatchKit Framework Enhancements」や「AVAudioPlayer API」の追加

まずは一般ユーザーにも関係する「シアターモード」について。

同機能は、映画館などの暗い場所で「Apple Watch」の発光を控えたいときに使える便利機能。「シアターモード」をオンにすると「Apple Watch」の通知音が鳴らなくなり、通知は全て触覚フィードバックのみになる。

「シアターモード」がオンの状態では手首を捻ってもディスプレイが点灯しなくなるので、ディスプレイを表示させるにはディスプレイをタップするか、デジタルクラウンを押すことで表示させることができる。

「シアターモード」を使用するには、「Apple Watch」の下から上にスワイプすることでコントロールセンターを開き、仮面が二つ並べられたアイコンをタップするだけ。以下にハンズオン動画が公開されているので、気になる方は一度、動画で視聴してみて欲しい。

次に「Siri Kit」の導入。これは開発者向け機能になるため、今すぐ一般ユーザーが利用できるものでもないかもしれないが、「Siri Kit」を活用することでいずれはサードパーティーアプリ経由でメッセージの送信や交通機関の予約、トレーニングのログの確認、通話の発信などがApple Watch内蔵の「Siri」経由でもできるようになると思われる。

例えば、Uberの配車リクエストをSiriにお願いしたり、WhatAppのメッセージ作成をSiriが代理でできるようになったりと活用される幅は広いだろう。

さらに、「watchOS 3.2」では「WatchKit Framework Enhancements」と「AVAudioPlayer API」なども追加されている。


「watchOS 3.2」の変更点は開発者向け機能が多いため、一般ユーザー向け機能としては「シアターモード」のみと若干面白みに欠ける。だが、実は将来的を見据えた機能が多数搭載された良アップデートでもある。今後、もっと便利にApple Watchが使えるようになるかもしれない。

「watchOS 3.2」へのアップデートにはiPhoneが必要。「Apple Watch」アプリの[一般]>[ソフトウェア・アップデート]から更新が可能だ。アップデートには多少時間がかかる可能性があるので、時間があるときにアップデートをしておこう。

リリースノートは以下の通りだ。

  • SiriはApp Storeで入手できるAppで動くようになり、ワークアウトの開始、メッセージの送信、支払いの実行、配車サービスの予約等に対応
  • ”シアターモード”は消音モードをオンにし、手首を上げても明るくならず、画面をタップするまで暗くしたままにすることが可能
  • “走り書き”がフランス語、スペイン語、イタリア語に対応
  • ミュージックプレイリストの同期状況をiPhone上のApple Watch Appに表示することに対応
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう