次期iPhoneのプレミアムモデル、2017年9月に発売も入手困難なほど在庫が少ないという情報

次期iPhoneのプレミアムモデルは、他のiPhoneと一緒に9月に発表されるが、実際に入手できるのは10月以降になるかもしれない。

アナリストたちの予測によると、このプレミアムモデルの初期出荷数は極僅かで、ユーザーの手元に行き渡るにはかなりの時間を要する可能性が出てきた。

「iPhone 8」の初期出荷数は極僅か、多くは10月以降に出荷予定?

これを伝えているのは、イギリスの金融グループBarclaysのアナリストであるBlayne Curtis氏とChristopher Hemmelgarn氏、そしてThomas O’Malley氏、Jerry Zhang氏の4名。

アジア諸国に点在するAppleのサプライチェーンを訪問した際に手に入れた情報であるとのことだが、プレミアムモデルの出荷は他モデルに比べて大幅に遅れる予定であるようだ。

次期iPhoneはワイヤレス充電機能と、5.8インチの有機ELディスプレイを搭載。さらに、同ディスプレイ内には0.65インチのファンクションエリアが搭載され、ホームボタン(Touch ID)は画面内に内蔵されることが予想されている。

プレミアムモデルの出荷が遅れるという情報は今回が初めてというわけではなく、台湾メディアのDigiTimesや日本のMacお宝鑑定団Blogも同様の内容を伝えている。

現状の噂では、「iPhone 7s / 7s Plus」は例年通り9月に販売が開始されるものの、プレミアムモデル(iPhone 8?)は9月に量産が開始される説が濃厚。

今回の情報も考慮に入れると、従来モデルのマイナーアップデートモデルは9月に発表&発売、プレミアムモデルだけ10月以降に発売される可能性も十分にあると言えそうだ。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。