Twitter、「TweetDeck」に月額有料サービスを提供開始か

金策に苦しんでいるTwitterが、いよいよ有料サービスの提供を開始することを検討しているようだ。

ジャーナリストのAndrew Tavani (@andrewtavani)氏からの情報では、Twitterは「TweetDeck」向けにハイエンドユーザーをターゲットにした月額有料サービスの提供を検討。ユーザーに向けたアンケートを実施している。

Twitterが提供を検討しているのは、「TweetDeck」そのものの有料化ではなく、多機能版「TweetDeck」。詳細については明らかにはなっていないが、ニュース速報の表示やツイートの解析、登録しているアカウントのフォロワーがどういった内容のツイートをしているかを表示できるアナリティクス機能が利用できるという。

どちらかというと個人向けというよりは、企業アカウントやニュースを配信するメディア向けのサービス。

もし実装されれば、Twitterとしては初めての有料サービスになる。有料サービスの有用性を証明することができれば、いずれは公式アプリ版やWeb版などでも利用できるようになるかもしれない。

収入が先細り、存続が危ぶまれているTwitterは、有料サービスの提供で健全化を図ることができるのだろうか、注目だ。

Twitter カンバセーション・マーケティング--ビジネスを成功に導く“会話”の正体
日本経済新聞出版社 (2016-09-09)
売り上げランキング: 110,664

[ via The Verge ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。