Facebook、「Messenger」に「メッセージリアクション」「メンション」を導入へ

Facebookの「Messenger」で、会話がより便利になる新機能が追加されることが判明した。

Facebookは3月23日(米国時間)、「Messenger」に「メッセージリアクション」と「メンション」という2つの新機能を追加したことを発表している

どちらもメッセージのやり取りをかなり便利にしてくれる機能なので、ぜひ使いこなせるようにしておこう。

「超いいね!」「いけてないね」などのリアクションを返すことができる「メッセージリアクション」

「メッセージリアクション」は、送られてきたメッセージや写真に対して「超いいね!」や「いけてないね」などの特定のリアクションを即座に返すことができる機能だ。

リアクションは「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」「いいね!」「いけてないね」の7種類が用意されており、リアクションしたいメッセージを押しながら指をスライドさせることで、そのメッセージに対する自分の反応を送信することができる。

どんなリアクションがあったかは各メッセージの下に表示されるようになっている。リアクションの種類ごとに何人がそのリアクションをしたのか、誰がどんなリアクションを返したのかもバッチリ確認できるとのこと。

また、自分が送ったメッセージにリアクションがあると、メッセージを開いた際に絵文字のアニメーションが大きく表示される。ロック画面にも通知されるようになっているので、せっかくもらったリアクションを見逃すことはなさそうだ。

会話の中で特定のユーザーを指定してメッセージを送ることができる「メンション」

「メンション」は、グループで会話している際に、特定のユーザーを指定してメッセージを送ることができる機能だ。

同機能はいわゆるTwitterの「リプライ」に似た機能で、メッセージが送信されるとユーザー名がハイライトされ、メンションされていることが分かるようになる。これはメンションされた本人以外でも分かるようだ。

メンションをするには「@」を入力した後にその人の名前を入力するか、名前もしくはニックネームの最初の数文字を入力する必要がある。

メンションされたユーザーには、そのメッセージに対する「返信」ができるようになるボタンが表示され、スムーズに会話を進めることができるとのこと。

ちなみに、グループスレッドの中で誰かがメンションされた場合、基本的にはスレッドに参加しているメンバー全員に通知が届くが、お知らせ設定をオフにしている場合は通知されない仕組みになっている。

このお知らせ機能はいつでも切り替えができるようなので、必要に応じてオン/オフを切り替えるようにしよう。

 

今回追加された「メッセージリアクション」「メンション」は、すでにアメリカでは利用可能となっており、近日中には日本でも利用できるようになるとのことなので、導入されたら早速試してみよう。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう