次期iPhoneに搭載予定の「A11」プロセッサは4月にも量産が開始される模様

次期iPhoneの製造に向けて、着々と準備が進められている。

次期iPhoneに搭載予定の新型プロセッサ「A11」は、4月にも量産される見通しであることがわかった。台湾メディア经济日报が伝えている。

次期iPhone向けプロセッサ、4月にも量産が開始

次期iPhoneに搭載が予定されている「A11」プロセッサ、実はまだほとんど詳細がほとんど分かっていない。

従来のプロセッサの進化の過程を考えると、処理性能や低電力性能は「iPhone 7」シリーズで採用された「A10 Fusion」よりも向上することが予想されるが、具体的にどれほどの性能を持つかは不明。噂によると10nmプロセスを採用するとも言われている。

经济日报によれば、同プロセッサの量産が4月に開始された場合、2017年7月までに5,000万個以上の在庫を確保することが可能なのだとか。

今年発売が予定されている新型iPhoneは最大で3種類の端末が用意される予定。従来型の4.7インチ/5.5インチ型「iPhone 7s / 7s Plus」の2種類に加えて、プレミアムモデルと呼ばれる5インチ型「iPhone 8 (仮)」だ。

「iPhone 8」についてはまだ開発段階で、Appleは複数のプロトタイプを作ってテストを繰り返している状態だという情報があったが、そろそろ最終的な仕様を決定してもおかしくない時期に入ってきているため、再びリーク合戦が始まる予感。

多くの人が気になっている今年発売の新型モデル、一体どのような端末になるのか。プレミアムモデルとマイナーアップデートモデルに性能差があるのかどうかも地味に気になるところだ。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!

[ via 気になる、記になる… ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう