Apple、ウェアラブルメガネの開発は1年以上前から行っていた?市場への投入は少なくとも1年以上後か

[ img via Ted Eytan ]

Appleは以前からVR(仮想現実)もしくはAR(拡張現実)技術を使ったウェアラブル端末を開発していると噂されている。最近では米大手メディアのBloombergでさえも、しきりにAppleのARメガネの噂を報道。しかも、その噂はかなり本当っぽい。

AppleのCEOであるTim Cook氏もAR技術へ高い関心を持っていることを明かしており、近いうちにAppleが初のメガネ型ウェアラブル端末を投入するのではないかと予想されているが、その時期は予想と反して1年以上先になるかもしれない。

Financial Timesは、Apple初のウェラブルメガネは少なくともここ1年でリリースされることはないと伝えている。

Appleのメガネ型ウェラブルデバイスの登場は早くても1年以上先か

FTによると、Appleは1年以上前にAR開発チームを作った。それ以降、開発チームは頭に装着するタイプのウェアラブル端末が、現実的に世に送り出せるデバイスとして開発できるかどうかを検討していたという。

情報筋の話によると、開発チームの結成から1年近く経った現在は、製品化に向けて動いているとのこと。すでにAppleはAR技術を搭載したウェアラブル端末の開発にシフトしているようだ。

Appleは昨年発売した「AirPods」や「Apple Pencil」のような小型デバイスの開発を積極的に進めている。これらがある程度の成功を収めていることもあり、Appleは自動車プロジェクトよりもAR技術を搭載したウェアラブル端末の開発を真剣に検討しているとのこと。iPhoneを超えるデバイスを目指して。

ただし残念なことに、もし順調に開発が進んだとしてもウェラブル端末が登場するのは1年以上先になるという。具体的にどのようなデバイスを開発しているのについても今の段階では不明。

そもそもウェラブル端末として登場するかも分かっておらず、以前の情報通り「iPhone」などの製品に同技術が組み込まれる可能性もある。

一時はGoogleが先陣を切ったメガネ型ウェラブルデバイス。結局は様々な問題から頓挫した経緯があるが、Appleの開発チームによって、再びバーチャルな世界が誕生する日が近づいているのかもしれない。

▶︎ 9.7インチ「iPad」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう